私の自己破産には応じてくれなかった「はたの法務事務所

はたの法務事務所は対応してくれなかった

自己破産をするかどうか悩んでいた私は、インターネットで口コミや評判のいい債務整理の無料相談へ、片っ端から相談をしていました。

はたの法務事務所」も債務整理の無料相談をした中の一つですが、はたの法務事務所は、私の債務整理には対応してもらえませんでした。

画像の説明

はたの法務事務所」が私の自己破産に対応してくれなかった理由

悩み

どうして「はたの法務事務所」が私の依頼に対応してくれなかったのか、その理由を紹介したいと思います。

当時私は小さな設計事務所を経営していました。それでも多いときはスタッフを10人くらい抱えていました。

メインの顧客もついて、当初は順風満帆で運営していけるかと思っていました。

ところが、ある日そのメインの顧客から「この案件は海外で行うことにしたから」と急に連絡が入ったのです。

はたの法務事務所へ相談するときは2600万円の借金を抱えていました。

顧客の要求に従い10名ほどのスタッフを抱えていた私ですが、

cadオペ
10名ほどのcadスタッフを抱えていましたが

抱えていたスタッフの殆どは、この顧客から受注した業務をメインに行っていたため、顧客の急な申し出により、スタッフの仕事は無くなり、残ったのは借金ばかりでした。

スタッフを雇うために、購入したパソコンやパソコンで使用する高価なソフト、

スタッフの給与を支払うための運転資金の融資(顧客からの発注は十分に潤沢な発注数量ではなかったので)

などを合わせると、2600万円近くの借金が残ったのです。


仕事が激減したために、スタッフに給与を支払うことができず、殆どのスタッフにやめて頂き、

なんとか数人のスタッフで運営をしようと思いましたが、あまりにも毎月返済しなければならに借金が多く、

会社の清算をしなければならない状況に、すぐに陥ってしまったのです。


代表者である私は、会社の運転資金を借り入れる際に、融資の連帯保証をしており、

会社の清算に伴い、借金は私個人の負債となります。


個人では到底このような借金を返済することができず、私は会社の破産手続きと自己破産の両方を同時に行うことが必要になりました。


この時期、私はなんとかリスクを少なく、自己破産をする方法がないかたと、

片っ端からネットで無料相談に応じてくれるという弁護士事務所や法務事務所へ連絡をとり、電話での無料相談を行っていました。


その無料相談を行ったなかの一つが、「はたの法務事務所」です。

はたの法務事務所から届いた断りのメール

私は「はたの法務事務所」へ無料相談のメールを送りました。

しかし「はたの法務事務所」からは以下のとおり丁寧なお断りのメールが届きました。


はたの法務事務所の評判


というのも、法務事務所では法人(会社)の債務整理については対応できないのだそうです。

はたの法務事務所」からは前述のとおり、断りのメールとともに、電話を頂き

「申し訳ないのですが、メールでお送りしましたとおり、今回はご相談をすることができません」と丁寧な説明を受けたのでした。

弁護士と司法書士の対応範囲の違い

司法書士バッジ

弁護士と司法書士の業務の違いは、弁護士が法律に関係する業務をすべて対応することができるのに対して、

司法書士は決められた分野の法律に関する業務を行うことができるそうです。


本来法律関係の業務は弁護士がすべて行うべきものですが、日本において弁護士の数が足りないため、司法書士制度が設けられたそうです。


特に債務整理の案件については、多くの多重債務の案件があり、とても弁護士だけでは処理しきれない状況があり、

司法書士法改正され,司法書士にも一定の借金の整理手続と140万円以下の民事訴訟の和解・交渉・訴訟代理権が認めらているということです。


つまり、会社の破産でありかつ借金が2600万円もあった私の場合は、司法書士の処理できる範囲をはるかに超えていたということなのです。



はたの法務事務所から頂いたアドバイス

前述のとおり、はたの法務事務所へ相談することはできませんでしたが、メールと電話での連絡は、大変丁寧な応対をして頂くことができました。


また、はたの法務所からは債務整理相談についてのアドバイスもいただくことができました。はたの法務事務所から頂いたアドバイスは次のとおりです。

画像の説明


法律事務所と法務事務所の違いについて

はたの法務事務所の断りの電話を頂いた担当の方からは。「法務事務所と法律事務所の違い」についても教えて頂くことができました。


「今後も、債務整理をするために、知っていたほうがいいと思うので・・・」ということで、教えて下さったのです。

簡単にいうと、弁護士がいる事務所は「法律事務所」、弁護士が在籍していなくて司法書士の権限で法律の案件にあたるのが「法務事務所」とのことです。


法務事務所の場合は、会社名を表記する場合に「司法書士」とか「司法書士法人」とかを会社名とあわせて表記することが求められているそうです。


ちなみに「はたの法務事務所」の場合も、「司法書士法人はたの法務事務所」というのが正式な名称だそうです。

画像の説明

すなわち、今回の私のような案件は

「法務事務所では対応できる範囲は超えているので、法律事務所を探して相談を行った方がいいですよ。」

という親切にアドバイスを頂いたわけです。そのほうが

「いろいろと今後も処理で忙しいと思いますから、無駄な時間を費やさなくてすみますからね」

という、アドバイスをいただけたということです。




無料相談をするときに注意事項

はたの法務事務所からのアドバイスをはもう一つあります。

それは債務整理の無料相談の仕方についてです。


大手の法律事務所の場合、中にはあまりにも商業主義になってしまっている法律事務所もあるので注意が必要だというアドバイスを頂けました。


「法律事務所の場合、『弁護士が無料相談に応じます』といいながらも、実際には司法書士がほとんどのヒアリングやアドバイスを行い、

弁護士は打ち合わせの最後にちょっとだけ話を聞いて、『とにかく債務処理だけを早く進めてしまおう』みたいな法律事務所も実際にあります。」



「しっかりと話を聞けば、自己破産をせずに、もっとリスクの少ない方法で債務整理をすることができるかもしれないのに、

『とにかく早く楽になりたい』という相談する方の弱みに付け込んで、

『早く自己破産すれば楽になりますよ』みたいな誘導の仕方をするところもあるのです。」



「このような法律事務所を避けて、安全に債務整理をするためには、とにかくいくつも債務整理の無料相談をうけてみることです。

そうすれば、相談する方にとって、リスクの少ない債務整理の方法を教えてくれるところにきっと出会うことができます。

とにかく、多重債務に陥ってしまったことはもう仕方がないので、リスクを少なく債務を整理して、再起のチャンスをできるだけ早くつかむことです。」



このようなアドバイスも頂くことができました。





はたの法務事務所は親身に応対してくれる事務所でした。

私は「はたの法務事務所」に無料相談を受けて頂くことはできませんでした。

「はたの法務事務」にとっても、まったく売上になる可能性が無いのにアドバイスすることは、まったくメリットがないことだろうと思います。


それなのに、「はたの法務事務所」の応対して下さった担当の方は、親身になってアドバイスをして下さったんです。

このアドバイスを頂いたので、
私はいくつも債務整理の無料相談をうけて、
リスクが少なく自己破産できました。


このアドバイスを頂いていなければ、私は積極的な無料相談を利用しないで、

下手をすると悪徳弁護士のいうとおりに処理を進め、本当に最低の状態の自己破産をしていたかもしれません。

はたの法務事務所には相談は受けてもらえませんでしたが、このような貴重なアドバイスをいただくことができて、大変感謝しています。


私の体験から申し上げれば、私のような多くの債務整理をするのではなく、司法書士の処理できる範囲内で債務の整理ができるのであれば、

はたの法務事務所」はおすすめできる法務事務所だと思います。

メールでの相談

はたの法務事務所2

はたの法務事務所は、司法書士歴34年、受任件数7,000件以上の信頼と実績のある債務整理の相談にのってくれる法務事務所です。


土日祝も相談することができ、電話やメールでの受けつけは、1年間365日対応をしてくれます。

はたの法務事務所の評判

弁護士や司法書士の相談料金は無料というところはいくつもありますし、私も10社以上相談をしましたが、

はたの法務事務所は「出張費用」「着手金」「初期費用」も無料ということになっています。


私が「はたの法務事務所」へ無料相談したときは「法人破産については残念ながら対応できません」ということで、私は相談をすることができませんでした。


ですがはたの法務事務所からは、とても丁寧なアドバイスをいただくことができました。
自己破産で悩んでいた私に「はたの法務事務所」丁寧にアドバイスしてくれたこと


そこで、はたの法務事務所を体験した方の、評判を紹介しておきたいと思います。


はたの法務事務所の体験者の評判

はたの法務事務所は丁寧、親切という評判が多いです。

口コミ男性02

はたの法務事務所の評判を聞き、ことらの事務所へ債務整理の相談をすることで金利を支払わなくて良くなりました。

今まで職場や自宅に掛かってくる督促の電話もなくなりましたし、穏やかな気持ちでいることができるようになりました。

借金が全て無くなったわけではないですが、こつこつ頑張ろうと言う気持ちは湧いてきました。

口コミ男性03

過払い金の請求のときに、はたの法務事務所に頼むことにしました。

はたの法務事務所の評判を見ると、対応がとても丁寧で、こちらが法律のことがあまりわからず困ったいたときにも、丁寧に答えてくれるとみたからです。

過払い金が本当に戻ってくるのかが不安でしたが、消費者金融との交渉も素早くおこなってくれて、思っていたよりも多くの過払い金が戻ってきたのでとてもはたの法務事務所には感謝しています。

口コミ男性09

勤め先が倒産してしまい、借金の返済が出来ない状態になってしまいました。

困り果てていた時に、はたの法務事務所の評判を知りました。無料相談をうけたところ、丁寧に解決方法を提案してくれました。

また、わからないことや解決方法も、やさしく説明してくれました。

任意整理で返済額を大幅に少なくすることができて本当に助かりました。初期費用や着手金がかからないのもありがたかったです。

口コミ男性04

債務処理で悩んでいた時に、インターネットでこちらの法務事務所の無料相談の評判を知り、口コミを読み、親切に対応していただけそうだったので、わらにもすがる思いで相談をお願いしました。

はたの法務事務所は親身に相談にのってくださり、解決プランを提案していただき、どうにかいろいろめどがつきました。

まだまだ生活の建て直しには時間がかかるかもしれませんが、相談したことで、心理的にだいぶ楽になりました。

ひとりで悩んでいるより、専門家に相談することの大切さだと実感しました。

「はたの法務事務所」の評判として注目なのは「やさしい」「丁寧」という評判が多いようです。

このページを見たあなたへおすすめの記事

自己破産をした私がキャッシングローンを組めた方法

自己破産ローン

自己破産をしたら7年間はローンが組めない?

そのようなことはありません。私はローンを組むことができました。

私がローンを組むことができた体験談を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をしても携帯が持てた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産しても携帯は持つことができます。

しかも最近話題の「格安スマホ」です。 

もしあなたが自己破産任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができる可能性があります。

詳しくはこちら

自己破産後4年経過してクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。

私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。

アメックスとかJCBも申し込みはしてみましたが無理でした。

そんな私でもクレジットカードを持つことができました。そのクレジットカードとは・・・

詳しくはこちら

過払金が400万円戻って来た主婦の体験談

暗い女

過払金請求をして400万円以上戻って来た女性の体験者に、多重債務に陥った様子と過払金請求の体験をインタビューしましたので紹介します。

詳しくはこちら

まずは匿名で相談するのがおすすめ

街角

ほとんどの人は、「債務整理をどのようにしたらいいかわからない」と思います。


そのような方へおすすめするのが「街角相談所ー法律ー」というサイト。


匿名で相談できて、「簡単にアドバイスが貰えてありがたい」と、多重債務者にとっては評判のサービスです。


このサイトの本当のところはどうなのか。実際に私が試してみました体験を紹介しています。

詳しくはこちら⇒街角相談所ー法律ーの体験

詳しくはこちら

私が体験した債務整理相談ランキング

ランキング

債務整理を失敗しないためには、債務整理の無料相談を行っているところへ、いろいろと相談するのが、リスクを抑えて債務整理をするコツです。


私が利用した債務整理相談事務所で、私のためを思ってアドバイスをくれた無料相談をランキングで紹介しています。

詳しくはこちら⇒債務整理相談ランキング

詳しくはこちら

私が感謝している債務整理無料相談ランキング

債務整理弁護士ランキング

1位街角法律
私のおすすめ度星5点


街角相談所ー法律ーでは、匿名で相談できます。

あなたに最適な債務整理は何なのか、まずは匿名でシミュレーションしてみると、最適な債務整理の方法が見つかりやすいです。




多くの方が債務整理にはどのような方法があるかもご存じないと思います。


債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と大きくこの4っつの方法があります。


響さんも素晴らしい事務所だったという口コミですが、まずは匿名で相談してみてはいかがでしょうか。