カードローンで多重債務に陥った時の対応

私が会社の経営をしていた最後のほうは、カードローンが使えるときは、どうしても安易にカードローンに頼ってしまいました。多重債務に陥るとわかっていても、「明日までに支払給与の準備をしなければ」と思うと、仕方がないことでした。そのように思っていらっしゃる経営者の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。


カードローンはたくさん種類がありますが、中でも消費者金融会社が提供するカードローンは非常に手軽に利用することができます。


カードローンを使う時には注意しなければならないことは、多くの方は解っていると思います。手軽なばかりに後先考えず使い続けてしまうと、多重債務に陥ってしまう場合があることもわかっていますし、実際、多重債務者が非常に増えています。

ですが仕方がない

そんな現状もカードローンに頼らなければならない方は、解っていて注意しなければならないと思っていても、カードローンを使わない状況があるはずです。そうしないとスタッフの給与も事務所の賃貸料も払えないのですから。



おまとめローンは多重債務を救うのか?

多重債務者になってしまったら、自己破産するしか道はないのでしょうか?

そんなことはありません。

多重債務に陥った時、「自己破産するしかない」と思ってしまっている人は多くいるだろうと思います。ですがそんなことはありません。複数のローンを抱えて困った人を、ローンを一本化して救済してくれるものがあります。いわゆる「おまとめローン」と呼ばれるものです。

おまとめローンへ借り換えるときは
弁護士の相談したほうがいい

おまとめローンを借りるときの注意点ですが、決して自分一人で相談に行っても駄目です。一人で金融機関へ相談に行っても無駄骨に終わります。


多重債務に陥いって、カードローンでお金を借りて借金を返そうとしている自転車操業状態のときに、金融機関へ借り換えの相談に行っても、なんら解決しません。


そのようた状況の人に、銀行や他の金融機関があなたに利益がある方法でおまとめローンを組んでくれるはずがありません。たいてい言われることは決まっています。

○○か月で返せる計画書を持ってきてください。
計画書に納得できれば、
おまとめローンを組みましょう。


銀行や金融機関はそのように言ってくるはずです。そんな銀行が認めてくれるような、計画など立てられるはずがありません。そんなことが可能であれば、カードローンで多重債務などに陥ってはいません。



おまとめローンの審査の実際

おまとめローンに借り換えを行うには、ローン会社の審査が必要です。当然、審査に通らなければ利用できません。これは当たり前のようですが、首尾良く低金利のカードローンを見つけることができたとしても、最初から貸付条件に合致していなければ時間の無駄になります。


ローン会社は信用情報機関の情報を基に審査を行います。信用情報機関にはあなたが今まで利用してきたカードローンの履歴や、それに関わる情報がすべて記録されています。カードローンを借りている件数や金額が多い場合や、返済の延滞歴がある場合は、審査に通りにくくなります。また、おまとめローンが低金利であればあるほど審査が厳しくなる傾向があることも知っておきましょう。



弁護士や司法書士は様々な角度から交渉します。

弁護士や司法書士であれば、様々な角度から、銀行や金融機関へ折衝してくれます。


返済期間の延長であったり、延滞金の軽減であったり、更に突っ込んだ方法であれば、個人再生や過払い請求といった方法で、毎月の返済額を減らす方向で折衝をしてくれます。


そうしなければ、おまとめローンにしても意味がありません。普通に折衝しても、毎月の返済額が減るわけではありません。

弁護士や司法書士に相談するとお金がかかるじゃないか

そのような心配もわかりますが、心配していただけでは何も解決しません。どんどん多重債務が増え、結局自己破産するしか方法がなくなってしまいます。

多重債務の相談は、最初の一回の相談は
無料で行うことができます。


これは法務省からの通達で、そのようになっています。また民間の弁護士事務所や法務事務所も、実際に着手するまでのメール相談や電話相談は無料のところがほとんどです。


私は片っ端から債務整理の無料相談を利用しました。片っ端から無料相談を利用することで、債務整理について全く無知だった私が、どうすればリスクを少なく債務整理ができるのか、勉強をすることができました。その結果、殆どリスク無く債務の整理をすることができたわけです。


こちらのサイトでは、ご自身の状況に合わせた、債務整理の仕方についてシミュレーションすることができます。お近くの無料相談をしてくれる債務整理の事務所も紹介してくれますので、ダラダラと「どうしようか」と悩んでいるよりは、早く対応をして、次のステップへと切り替えたほうが、建設的だと思います。

街角法律事務所