自己破産したらマイカーも高級な宝飾品や家具同様に、処分の対象になります。

マイカーの場合、車の査定価格が20万円以上になる場合、管財事件になります。管財事件とは破産管財人という破産者の財産を正当に債権者へ分配するために、財産を管理する人です。

関連記事⇒管財事件とは

このページの目次:

しかも処分費用が20万を超えると「管財事件」に

管財事件になると、管財人に売却されてしまうのが原則ですが、管財人と話し合い、正当な価格で配偶者や親戚の方などに買い取ってもらうとか、お金を積み立ててお金と引き換えに破産財産から放棄してもらうことで、その車を他人に処分されることは可能です。

用は物納ではなく、現金で債権者に分配といった形にすれば、財産隠蔽にもならなく、免責不許可事由に該当しないのでは・・・

隠蔽とは、事の真相などを故意に覆い隠すことですので、事実をつつみ隠さず申告すれば問題ないかと思います。

ただし、管財事件になりますと、自己破産手続き費用のほかに、20万円程度費用が別途かかります。なお、この費用は分割納付は出来ず一括納付です。

車の査定額を知ることで、あらかじめ対策をできることがあります。

マイカーの査定額については、こちらが見積もりを準備し、自分の弁護士や司法書士にその資料を渡しておくことで、対策を講じることができます。

自己破産 体験の際に、管財事件になるかどうかは、大きな要因です。管財事件になれば、破産管財人という裁判所で任命された、裁判所側の立場の弁護士や司法書士がつきます。この管財人が、財産を妙な隠し立てしていないかどうか調べるわけです。この管財人の経費は破産申立人が負担しなければなりません。しかもこの費用については、申し立ての際に予納金として、現金で必要になります。約20万円くらいかかります。当然弁護士や司法書士費用とは別に必要です。

できれば管財人は就けたくないですよね。

そのためには、車の査定がいくらであるかとういうのは大きい要因なのです。

あらかじめ車の査定を業者に見積もりを依頼しましょう。

その際1社ではだめです。3社必要です。

3社の合い見積もりを提出することで、「あきらかに、この車は管財の対象ではないですね」という証拠とすることができるのです。

忙しくてお住まいの近所で3社から見積もりを取ることが難しい人は、インターネットで安心して見積もりを取ることができる業者もあります。

いずれも大手なので弁護士や司法書士の信頼度も高いです。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談