マインドの持ち方

毎日のように、催促の電話や督促の書類が送られてくることでしょう。辛いですよね。
そんなときに、少しでも励みになればと思い、私が知人から励ませれていた言葉を紹介します。

このページの目次:


金を貸す相手が悪い!

借金をしているあなたは、お金を借りているというなんだか負い目みたいな思いがあるかもしれません。

借りたものは返さなければならない。

確かにそうです。借りた相手が知人ならば、義理人情もあり当然返すべきでしょう。

ではお金を貸してくれた相手は知人ですか?違いますね。

金融業というお金を貸して、その手数料や金利で稼いでいる企業ですね。営利企業です。その営利企業が、「この人にお金を貸して、金利と手数料で儲けてやろう」と思い、お金を貸したのです。

ということは、あくまでビジネスの関係のはずです。つまり貸し手と借り手は対等なんです。返せなくなったって、何を言われたってビクビク怯えたり、自分へのプライドを失うような謝り方をする必要なんてないんです!!!

金融会社は貸し倒れのリスクも考えた金利設定をして利息をもらっているのです。そのような相手に対して卑屈になる必要はないでしょう。

貸したあんたが悪い!!!そのくらいの気持ちでいたら、電話におびえる必要もないでしょう。

今大変なのは次の段階へ行くための試練だと思いましょう。

なんの不満も無い状況では、人は退化するという実験結果がアメリカの論文で発表されていました。劣悪な環境の中で、知恵を絞り、状況を変えよう努力するところで、人は進化するのです。

あくまで努力をすることです。大変です。辛いです。だけどきっとその努力は報われるものだと信じましょう。

こんな言葉もあります。

自分の恐れていることをしなさい。そうすればもう怖くなくなる。

トラブルは幸運が仮装した仮の姿に過ぎない

大変なことに向き合いましょう。真剣に対応すれば、相手にも通じるはずです。そのような経験を、私もしました。再起に向けて一生懸命努力している姿をみせましょう。

そうすれば、必ず相手は真摯な応対をしてくれるはずです。

幸運への道は、ただ一つしかない。簡単なことだ。悩まなければいい。

過去を思い煩って、「あのときあんなことをしなければ」なんて思ってもしkたありません。そんなに悩んでいる時間があれば、考えて現状を解決するために知恵をめぐらせましょう。実際に動いてみましょう。

行動をして始めて何かが見えてくるのです。悩み考えているだけでは、何も見えてきません。

とにかく行動しましょう。解決する方向だけに知恵を使いましょう。そのたもの情報はこのサイトの中でも情報を紹介してきたつもりです。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談