任意整理 できないのはどんなとき?

このページの目次:


債務整理と任意整理

法的な手段で、返済できない借金を整理することを「債務整理」といいます。この債務整理の手続きにはいろいろな種類がありますが、その中でも最も多く利用されるのが任意整理です。
任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに、債務者の代理人である司法書士や弁護士が、債権者(ローン会社や消費者金融など)と任意の話し合いを行って、完済できない借金の減額などを行うことです。

任意整理のメリット

任意整理によって現在の借金を減らし、その負担や精神的苦痛を減らすことができます。また、自己破産と違って、持ち家など所有の財産を手離さなくても済むのが任意整理のメリットです。しかし、実は任意整理ができない場合もあります。誰でも100%実施できるわけではないのです。場合によっては任意整理の申請すらできない可能性もあります。

任意整理ができないことも

たとえば、任意整理したあとの借金を返済できない見込みの場合は、当然ですが、その任意整理はできないことになります。任意整理は、借金を帳消しにするものではありません。減額はされるものの、やはり残された借金は債務者が返済していかねばならないのです。通常は、任務整理後3年以内に、残された借金を完済できる見込みがなければ(現在の収入と借金額との開きがあまりに大きい場合など)、債権者が拒否し、任意整理できないことになります。

強制力のない任意整理

また、任意整理には強制力はありません。言葉通り、あくまで債権者の任意によって交渉を行うことになりますので、任意整理ができないケースとして、債権者が通常通りの返済を要求してくることもあります。この場合は、代理人の交渉力しだいです。


いずれにしても、任意整理ができない場合は、他の債務整理の方法を考えなければなりません。よく言われる自己破産や個人再生など選択肢はありますが、実際にどうするかは弁護士や司法書士によく相談することをおすすめします。

債務整理の相談をする前に

多くの方が債務整理にはどのような方法があるかもご存じないと思います。債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と大きくこの4っつの方法があります。どのような方法があなたに最適なのか、まずシミュレーションしてみると、いいと思います。

画像の説明自己破産を体験した私が、「意外におすすめ!!」だった債務整理シミュレーションの体験報告はこちら

体験レポート

このページを見たあなたへおすすめの記事

自己破産をした私がキャッシングローンを組めた方法

自己破産ローン

自己破産をしたら7年間はローンが組めない?

そのようなことはありません。私はローンを組むことができました。

私がローンを組むことができた体験談を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をした私が車のローンを組むことができた方法

自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。

自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をしても携帯が持てた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産しても携帯は持つことができます。

しかも最近話題の「格安スマホ」です。 

もしあなたが自己破産任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができる可能性があります。

詳しくはこちら

自己破産後4年経過してクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。

私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。

アメックスとかJCBも申し込みはしてみましたが無理でした。

そんな私でもクレジットカードを持つことができました。そのクレジットカードとは・・・

詳しくはこちら

過払金が400万円戻って来た主婦の体験談

暗い女

過払金請求をして400万円以上戻って来た女性の体験者に、多重債務に陥った様子と過払金請求の体験をインタビューしましたので紹介します。

詳しくはこちら

まずは匿名で相談するのがおすすめ

街角

ほとんどの人は、「債務整理をどのようにしたらいいかわからない」と思います。


そのような方へおすすめするのが「街角相談所ー法律ー」というサイト。


匿名で相談できて、「簡単にアドバイスが貰えてありがたい」と、多重債務者にとっては評判のサービスです。


このサイトの本当のところはどうなのか。実際に私が試してみました体験を紹介しています。

詳しくはこちら⇒街角相談所ー法律ーの体験

詳しくはこちら