任意整理後住宅ローン組めるか

任意整理後住宅ローンは組めるのか?

債務整理の一つに、任意整理があります。簡単に言えば債権者と債務者で交渉して借金を減額する手続きのことです。

具体的には「利息の引き直し」という計算を行い、過払い分を借金の減額に充てるようにします。するとトータルで無理のない返済計画を立てることが可能になります。任意整理と呼ばれるのは、債権者と債務者の交渉が裁判所を通さず「任意」で行われるからです。

この任意整理については「任意整理後の住宅ローンは組めるのか」とよく質問されます。

任意整理に追い込まれた人の多くは、それまで多額の借金に長い間苦しめられてきました。それが任意整理によって計画的な返済をするようになると、平穏な暮らしを取り戻せたのだから、できれば早く自分の家を構えて、本格的な再出発をしたいものだ――お気持ちはよくわかります。

しかし残念ながら、任意整理をした後に住宅ローンを組もうとしても、非常に難しいと言わざるを得ません。

任意整理後しばらくはローンは無理

任意整理後しばらくは住宅ローンを組むことはできません

実は、任意整理後5~7年ほどは、住宅ローンは組めません。任意整理をした人の情報は、金融会社が利用する信用情報機関に保管されるからです。

住宅ローン会社も「この人は債務整理をしたのだな」とすぐに知ることができるようになっています。したがって5~7年は「貸したお金を返してくれない可能性がある人」と見なされるのが、任意整理をした人の現実なのです。

任意整理直後から住宅ローンを組んでくれるローン会社は残念ながらありません。


任意整理後でも住宅ローンを通してくれる業者があるかもしれませんが、これは悪徳業者であることを疑うべきです。巧妙に高い金利を隠しておいて、後で高額な金利を請求してくるかもしれません。

任意整理関係金融機関ローンも無理

信用情報が削除された後も、任意整理に関係した金融機関はローンが組めない

5~7年経って信用情報が削除された後でも、任意整理で被害を与えてしまった金融機関はもちろん、その金融機関のグループ企業からの借り入れはまず不可能になってしまいます。

例えば、レイクから借りたお金を債務整理した場合、レイクが所属する新生銀行グループ各社からの融資はもう受けらません。

任意整理後に住宅ローンを組みたい場合は、債務整理とは一切関係なかった金融機関を利用するしかありません。

『借金がなくなるから』と安易に債務整理をする傾向が若い方の間にあるようですが、任意整理を行う際は、このように不利な点も重々承知しておいてください。


債務整理の相談をする前に

多くの方が債務整理にはどのような方法があるかもご存じないと思います。債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と大きくこの4っつの方法があります。どのような方法があなたに最適なのか、まずシミュレーションしてみると、いいと思います。

体験レポート