任意整理とは

様々な事情で、大きな借金を背負って苦しんでいる人はたくさんあります。そういった人たちのために、合法的に借金を減額あるいは清算するための手段がいくつか用意されています。それが「債務整理」と呼ばれるもです。債務整理には、自己破産任意整理、個人再生、特定調停などいくつかの種類があります。この中で、自己破産などはその言葉からも何となく意味は分かると思いますが、任意整理とはどんな方法かご存知でしょうか。ここでは、「任意整理とは何か」について、簡単にご紹介します。


任意整理とは、一言で言えば、「裁判所を通さずに、借金を減額する手続き」です。借金の清算方法といえば、よく言われるのが自己破産です。実際、かつては借金問題を解決する法的手段として、自己破産がすぐにすすめられました。ですが自己破産にはデメリットも多く、最近は、債権者に払いすぎた利息を「過払い金」として返金してもらうことで、自己破産せずに、借金を減額する「任意整理」が主流となっています。


任意整理とは具体的に何をするのかというと、債務者の代理人である弁護士や認定司法書士などが、債権者と交渉し、借金の減額や利息のカットなどを考えて、和解への道を探ります。なお、この際に債権者は、交渉に応じる義務はありません。つまり任意整理とは、「債権者の任意で行われる整理」とも言えます。


任意整理では、「利息の引き直し」が行われます。利息の引き直しとは、利息制限法で定められた金利で、過去の借金返済を計算し直すことです。これにより、過払いであったぶんは借金を減らすことができます。


なお、任意整理とは、借金を完全に帳消しにするわけではありません。債務者は、任意整理の後に残った債務を、分割して支払っていくことになります。通常は3年間とされています。ですから任意整理とは誰でもかれでも講じられる手段ではなく、債務者が将来的に、返済するに足る何らかの収入が見込めることが条件になります。