住宅ローン 債務整理

諸々の事情によって、借金返済のめどが立たなくなった人たちにとって、最後の手段と言えるのが「債務整理」です。債務整理とは、いわば法的に借金を「帳消し」にすることで、自己破産任意整理などの手段があります。この債務整理によって、苦しい借金の重荷から解放され、厳しい中でも新たな人生の再スタートを切ることができるのです。


債務整理をした後でも、生活に一切の自由がなくなるわけではありません。とはいえ、信用問題の関わるいくつかの行動に制限がかかるのは致し方のないところです。
例えば、住宅ローン。債務整理を終えて、なんとか生活を続けていける環境が整うと、次は自分の安定した住まいを、住宅ローンを使って持てないか、と考える人が少なくないでしょう。しかし債務整理の手続きが終わり、返済を行っている間に住宅ローンを組めるのかというと、それはまずできません。


いくら合法的にとはいえ、借りたお金を帳消しにするのが債務整理です。貸していた側は損害を被るわけです。住宅ローン会社も同じ目にはあいたくないのですから、貸し渋るのは当然です。
また、債務整理をしたのに、必要とはいえまた住宅ローンでお金を借りる、というのは人情としても借金の減額を受け入れた債権者に失礼にあたります。基本的には、債務整理をして決定した返済額を返済している間は、住宅ローンを組んで家を建てる余裕はない、という状態であるのがほとんどです。


また、債務整理後、全ての借金の支払いが必要なくなった場合でも、すぐに住宅ローンを組むのは難しいといえます。債務整理を行うと、信用情報が残ります。いわゆるブラックリストです。このリストから名前が消えるまでには、任意整理で5年以上、自己破産だと10年はかかります。この期間中は、住宅ローンやクレジットカードを作ることなどは難しいと考えるのが一般的です。


なお、住宅ローンを債務整理前に組んでいた場合ですが、これは債務整理の仕方によって扱いが変わります。まず、自己破産の場合は、不動産を含むすべての財産を失うことになりますので、住宅ローンの対象となる住宅自体を手放します。したがって、ローン自体が破棄され、これまでのローンの金額も返ってきません。一方、任意整理の場合は、住宅ローンを継続することができます。ただしローンを組んだ当初と金銭面の状況は当然違いますので、ローンの返済プランを見直すことになります。住宅ローンの減額はできませんのでご注意ください。