個人再生と自動車ローン

債務整理のひとつである個人再生。その大きな特徴は、個人再生の時点で返済中にある住宅ローンは、債務整理の対象にならないということです。つまり個人再生においては、自己破産などと違い、持ち家を手放さずに、住宅ローン以外の債務を整理できるということです。

ところで、住宅ローンでなく、自動車ローンと個人再生はどういう関係にあるのでしょうか。これもよくネット上で質問などが見られます。

このページの目次:


弁護士や司法書士などに依頼した時点で、原則として停止

まず、個人再生の申立てを弁護士や司法書士などに依頼した時点で、自動車ローンの支払いは、原則として停止することになります。関連ページ⇒自己破産 車


自動車ローンの支払いを停止すると、ローン会社は当然、契約の「所有権留保条項」に基づいて自動車を引き上げます。

ただし、自動車の登録名義が債権者(自動車ローンの会社)となっていない場合は、再生手続き開始決定後、自動車の引き上げを拒否でき、自動車は引き続き使用できます。

なお、軽自動車については、たとえ所有者名義が自動車ローンの会社となっていても、引き上げを拒否できる場合があるようです。


自動車の引き上げを免れた場合、自動車ローンの残債は、他の債権と同様に、個人再生計画にのっとる基準に従って減額され、計画弁済をすることになります。

自動車ローンが減額される上に、自動車は使い続けられるということです。もちろん、何らかの事情で個人再生計画が取り消された場合は、自動車の引き上げも免れられません。


なお、自動車の登録名義が自動車ローンの会社になっている場合など、自動車の引き上げを免れられないケースでも、それが個人再生を行う再生債務者に必要不可欠である場合、自動車の継続使用が認められることがあります。


その他、「買主が残ローンを一括払いした場合」「買主以外の第三者に残ローンを一括払いしてもらった場合」など、自動車の使用を継続できるケースは色々です。

いずれにしても、専門家の弁護士や司法書士によく相談すれば対処方法を見出してくれます。

個人再生に特化した事務所がおすすめ

個人再生は自己破産よりも煩雑な手続きと、債権先への交渉が必要になります。自己破産の手続きよりも個人再生のほうが難しいのです。

任意整理や個人再生は自己破産するのではなく、債務の整理ができる方法です。自己破産ではありませんから、

持ち家やマイカーなどの処分をすることなく、債務整理をすることができます。


私は法人の破産で借金の額が大きすぎたので自己破産をせざるを得ませんでしたが、個人再生できるのであれば、そちらのほうがおすすめです。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談