個人再生はばれますか?

個人再生をばれないで済ます方法はないでしょうか?

はてなマーク

夫婦で個人再生しようと思ってます。が、旦那にはまだ話してない借金があります。これは個人再生する上で旦那にバレてしまいますか?バレないようには出来ないですか?

このページの目次:


ばれないで個人再生は難しいです。

残念ながらばれないで個人再生は難しいです。

答え

ばれないで個人再生をするというのは、なかなか難しいと思います。個人再生の場合、返済計画書の作成が必要になります。「これだけ生活費がかかって、これだけ返済が可能だから、個人再生を認めて下さい」というものです。


この返済計画書が認められなければ、個人再生は認められません。その返済計画を説明する段階で、「この支払はなんですか?」と突っ込まれるのではないでしょうか?

個人再生の中で、別にある借金をなんとか夫にばれないで済ませたいという奥様からの相談ですが、別にある借金をなんとか隠しながら個人再生をするというのは難しいと思います。


個人再生の流れについては以前別のページで紹介しましたが、(参考:個人再生の流れ

画像の説明 地方裁判所への申立て

画像の説明 再生手続開始決定

画像の説明 債権額の確定

画像の説明 再生計画案作成

画像の説明 書面決議または意見聴取

画像の説明 再生計画の認可決定

画像の説明 返済開始

という流れになります。


この流れのなかで 画像の説明 画像の説明 の再生計画作成と書面決議または意見聴取の中で、おそらくばれないで済ますことは難しいのではないかと思われます。

個人再生の「再生計画」とは

個人再生で申し立て者が作成しなければならない書類の一つが「再生計画」です。再生計画とは、個人再生の中で提出が義務付けられている、「債務をどのように返済していくか」という返済の計画のことです。


再生計画の中には、債務の減免の期限の猶予についての条項や金額、条件、方法などを定める必要があります。この中で、「実際に減免を認めて返済していくことができるのか」といったことについて計画の説明が求められるわけです。

その他に必要な書類

個人再生のほか、債務整理には再生計画のほかに以下の書類が必要になります。

また,申立書の ほか,財産目録,清算価値算出シート,可処分所得額算出シート,財産状況等報告書,再生計画案,返済総額算出シートなど,複雑でたくさんの書類を裁判所が 定めた期間内に提出する必要があり,それができないとそれまでの手続がすべて無駄になることもあります。(引用元:裁判所ホームページ


共同名義の場合夫婦で個人再生の申し立てが必要

質問者さんの場合、夫婦で個人再生を申し立てをする意味は、住宅が共同名義になっているということではないかと推測されます。


個人再生をした場合、ご存じのとおり家を守ることができます。これを「住宅ローン特則」といいますが、これを摘要するためには、住宅ローン以外の債権を担保とするための抵当権が設定されていないことという定めがあります。


つまり、共同名義ということは配偶者も名義となっている住宅ローンということになり、本人の住宅ローンというだけではありませんので、住宅ローン以外の債権となってしまうという考え方です。


ただ、配偶者名義の住宅ローンで本人が連帯債務者になることができれば、それは本人の住宅ローンと認められますので、その手続きをしっかりとしておけば、手続き上で問題になることはないという考え方です。

夫婦同時に申し立てが必要ないことも

住宅ローンの借り方によっては、夫婦そろって個人再生の申し立てをする必要なない場合もあるようです。

ローンの組み方個人再生の方法
住宅ローンの借主:夫
連帯保証人:妻
夫のみの個人再生を行うだけでOK
住宅ローンが夫婦の連帯債務夫か妻のどちらか一方の個人再生を行えばOK
ペアローン
(夫が借り主の住宅ローンと
妻が借り主の住宅ローンの両方がある形)
どちらか一方の個人再生でOKの場合もあれば、
夫婦ともに個人再生を行わなければならない場合
もあります。



このようにローンの組み方によっては、夫婦で同時に個人再生の申し込みをしなくてもよい場合があります。特にペアローンの場合は、裁判所の判断になってきますので、個人再生に強い弁護士や司法書士へ相談することをおすすめします。

私が相談した中でおすすめできる債務整理相談ランキング

住宅ローンが保証会社により代位弁済された場合には、代位弁済後6ヶ月を経過するまでに再生手続開始の申立をしなければ住宅ローン特則を利用することはできません。あまりゆっくりと検討している時間はないのかもしれません。


私が自己破産するときに利用した無料相談の中で、安心して相談することができたところをランキングで紹介しておきます。↓↓↓

岡田法律事務所

自己破産や個人再生の申し立ては弁護士しか対応できません。落ち着いて相談にのってくれるので、安心して無料相談できた【岡田法律事務所】

ジャパンネット

相談しやすく、知識も豊富。任意整理や過払い金の相談をするのであれば【ジャパンネット法務事務所】ヤミ金への対策も引き受けてくれます。

紀尾井町
もう少し愛想よくしてくれればと思うのですが・・・。相談内容は間違いなし。【新紀尾井町法務事務所】

村岡総合
番温和な話口で相談しやすかったです。【村岡総合法務事務所】

このページを見たあなたへおすすめの記事

自己破産をした私がキャッシングローンを組めた方法

自己破産ローン

自己破産をしたら7年間はローンが組めない?

そのようなことはありません。私はローンを組むことができました。

私がローンを組むことができた体験談を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をした私が車のローンを組むことができた方法

自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。

自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をしても携帯が持てた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産しても携帯は持つことができます。

しかも最近話題の「格安スマホ」です。 

もしあなたが自己破産任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができる可能性があります。

詳しくはこちら

自己破産後4年経過してクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。

私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。

アメックスとかJCBも申し込みはしてみましたが無理でした。

そんな私でもクレジットカードを持つことができました。そのクレジットカードとは・・・

詳しくはこちら

過払金が400万円戻って来た主婦の体験談

暗い女

過払金請求をして400万円以上戻って来た女性の体験者に、多重債務に陥った様子と過払金請求の体験をインタビューしましたので紹介します。

詳しくはこちら

まずは匿名で相談するのがおすすめ

街角

ほとんどの人は、「債務整理をどのようにしたらいいかわからない」と思います。


そのような方へおすすめするのが「街角相談所ー法律ー」というサイト。


匿名で相談できて、「簡単にアドバイスが貰えてありがたい」と、多重債務者にとっては評判のサービスです。


このサイトの本当のところはどうなのか。実際に私が試してみました体験を紹介しています。

詳しくはこちら⇒街角相談所ー法律ーの体験

詳しくはこちら