借金減額シュミレーターって大丈夫と心配する前に、まず使ってみればいいと思う3つの理由

このブログは6年前に自己破産をし、免責を獲得し、人生の再スタートを切った私が、自己破産をして6年経ったいま、感じている、自己破産のメリットやデメリットを紹介しているブログです。

借金減額シュミレーター大丈夫トップ_01
借金減額シュミレーター大丈夫トップ_02
借金減額シュミレーター大丈夫トップ_03
ゆっくりとですが
再スタートを切れました。


自己破産に限らず、債務整理にはリスクがあります。債務整理のリスクを考えないで、安易に任意整理をしてしまうと、将来的にデメリットを感じることもあります。


このページでは、債務整理が将来のデメリットしないために、私も体験した「借金減額シュミレーター」について、「まずは使ってみるといい」と思う、3つの理由を紹介します。

借金減額シュミレーターとは

借金減額シュミレーターについて大丈夫かどうか調べている方は、借金減額シュミレーターについてはすでに、ご存じだと思いますが、一応説明をしておこうと思います。(既にご存知の方は、読み進めて下さい。)

借金減額シュミレーターは、、債務整理に悩む人と債務整理を得意とする、弁護士や司法書士などの債務整理事務所をマッチングしてくれるサイトのサービスです。借金減額シュミレーターは、匿名で相談することができるので、

「債務整理を考えているけど、とりあえずどうしたらいいか分からない」

という、まだ債務整理の無料相談を、一度も経験したことのない人には、使いやすいツールになっています。

【東京ミネルヴァ法律事務所】借金問題・過払い金返還請求

借金減額シュミレーターの入力する内容

借金減額シュミレーターで入力する内容は、それほど多くありません。

入力は、質問に沿って、ボタンをクリックしていけば、入力は完了になります。

借金減額シュミレーターの質問の内容は

  • 借入先は何件ありますか
  • 住宅ローンはありますか
  • 住まいの地域はどちらですか
  • 借り入れの額はいくらですか
  • メールアドレスと電話番号の入力

たったこれだけの入力で、どのくらいの借金の減額ができるか、登録したメアドへ連絡が来ます。

メールアドレスは、フリーのアドレスなどをyahooやグーグルで取得しておけば問題ありません。

電話番号について登録する必要がありますが、備考欄がありますので、「メールでの連絡を希望します。」と記載しておけば、電話が掛かってくることは、まずありません。

借金減額シュミレーター入力内容3_01
借金減額シュミレーター入力内容3_02
借金減額シュミレーター入力内容3_03

借金減額シュミレーターって大丈夫と心配する前に、まず使ってみればいいと思う理由(その1)

借金減額シュミレーターは匿名で相談できて、しかも借金がどのくらい減らせるか、数時間後に知ることができる。

上で紹介したとおり、借金減額シュミレーターは匿名で、フリーアドレスで利用することができます。

借金減額シュミレーターだいじょうぶメール_01
借金減額シュミレーターだいじょうぶメール_02
借金減額シュミレーターだいじょうぶメール_03
借金減額シュミレーターは
フリーアドレスなので安心

電話番号については入力する必要がありますが、上に示した方法で、相手側から電話が掛かってくることは、避けることができます。

わずかこれだけの入力で、数時間後には、どのくらいの借金が減らせるか、目安を知ることができます。

ただしあくまで目安ですので、実際には弁護士や司法書士の先生と会って、詳しく相談することが必要になります。

借金減額シュミレーターって大丈夫と心配する前に、まず使ってみればいいと思う理由(その2)

債務整理の無料相談を利用したことにとって、借金減額シュミレーターは利用しやすい。

借金減額シュミレーターだいじょうぶしょしんしゃ_01
借金減額シュミレーターだいじょうぶしょしんしゃ_02
借金減額シュミレーターだいじょうぶしょしんしゃ_03
借金減額シュミレーターは
初心者に利用しやすい。

借金減額シュミレーターを利用すると、弁護士の紹介を受けます。

私の場合、会社の破産と同時に私個人も破産手続きが必要だったため、紹介された債務整理事務所では、「対応ができませんが・・・」というと最初に断りがあったのですが

それでも、大変丁寧に、債務整理の基礎知識や、私の場合の適した債務整理の方法について、教えて頂くことができました。

まだ債務整理の無料相談を利用したことがない、債務整理に慣れていない人にとって、はじめて無料相談をする人にとって、借金減額シュミレーターは大変使いやすいのです。

債務整理をリスクを少なくする方法は、何人もの債務整理事務所の先生に、無料でアドバイスを貰うことです。

そうすることで、自分にとってどのようなメリットとデメリットがあるのかも、見えてきます。

借金減額シュミレーターを最初に利用して、その後、より高度なアドバイスをくれる債務整理事務所へ、相談するようにしていけば

債務整理で失敗するリスクも減らすことができます。

借金減額シュミレーターって大丈夫と心配する前に、まず使ってみればいいと思う理由(その3)

借金減額シュミレーターは利用しても、しつこく勧誘されない。

借金減額シュミレーターを利用し、その後、借金減額シュミレーターからしょうかいされる、弁護士や司法書士にアドバイスをもらっても

その後、しつこく勧誘されることはありません。

借金減額シュミレーターしつこくない_01
借金減額シュミレーターしつこくない_02
借金減額シュミレーターしつこくない_03
借金減額シュミレーターはしつこくないので大丈夫

ですので、どのような債務整理が自分に合っているのか知りたい場合は、まず利用してみるといいと思います。

借金減額シュミレーターを利用する際には、一番最後のアンケートの欄に、「その他 質問したい内容はありますか?」という欄があるますので

この欄に、あなたがいま、債務整理に対して疑問を持っていること、不安に思っていることを

できるだけ具体的に書いておくと、より詳しく、どのくらい借金を減らすことができるかというアドバイスを貰うことができます。

しかも、そのような詳しいアドバイスをもらっても、その後、「もう少し検討してみます」と回答したとしても

借金減額シュミレーターからしつこく勧誘があるわけではありません。

債務整理のリスク減らすためには、はじめてのときは匿名で相談したほうがいいです。

そうしないと、私が体験したように、電話一本で、契約をすすめてくるところもありますから。

そのようなリスクを避けるためにも、債務整理の無料相談を利用したことのない人は、まずは借金減額シュミレーターのような、匿名で相談できるところを利用してみるのが、リスクを避けるコツです。

これが、私が、借金減額シュミレーターって大丈夫と心配する前に、まず使ってみればいいと思う3つめの理由です。

債務整理に悩んでいるあなたに管理人が伝えたいこと

管理人

会社経営に失敗し、
2500万円の借金を抱え、
家族に泣かれ、なじられ、子供たちには満足な学校へも進学させてやれず、

それでも自己破産して再起できた管理人が、債務整理に悩んでいるあなたへ、伝えたい5つのコト

その1:借金をしたあなただけが悪いのではない。

簡単にお金を借りることのできる、社会の責任も半分あると考えましょう。

借金をして多重債務に陥った、あなただけが悪いのではありません。

宮部みゆきのさんの「火車(かしゃ)」という小説は、多重債務を扱ったミステリーで、【現代ミステリーの金字塔TOP3】ともいわれますが



この火車の中で、多重債務被害者の弁護士は

「日本の制度が金融会社と結びついて、経済的弱者を食い物にしている、社会構造自体が問題」

だと述べています。私もこの考えに賛成です。

借金をして多重債務に陥いったのは、あなただけが悪いわけではありません。貸した相手だって悪いんです。

債務整理は多重債務に陥った被害者にとって、最後の救済手段です。

是非、あなたの多重債務の悩みが解決されて、新しい一歩が踏み出せることを祈っています。

その2:債務整理するときは、まずは匿名で相談しましょう。

管理人は、某大手の弁護士事務所に、電話1本で契約させられそうになりました。

はじめから債務整理の事務所へ電話で相談すると、債務整理事務所のオペレータにうまく誘導されて、その事務所と契約させられてしまうこともあります。

実際に管理人も、こちらの状況などまるで考えてくれない、TVCMなどバンバン打っている、儲け主義の債務整理事務所と、電話一本で契約させられそうになりました。

これを避けるためには、匿名で無料相談できるところがおすすめです。

任意整理するとどのくらい減額できるかわかるので、まずは利用してみるのをおすすめします。

【東京ミネルヴァ法律事務所】借金問題・過払い金返還請求


その3:債務整理にかかる費用は、後払いにもできることを知っておきましょう。

債務整理に掛かる費用は後払いでもできる

任意整理自己破産、過払い請求などの債務整理にかかる、弁護士や司法書士への費用は、後払いできます。


こちらのページで、無料で相談できて、債務整理にかかる費用は後払いができる債務整理事務所を紹介していますので、よろしければご覧ください。
債務整理にかかる費用を後払いできる債務整理事務所

債務整理に悩んだら、なるべく早く相談しましょう。

債務整理について悩んだら、なるべく早く相談するのがおすすめです。

債務整理を体験した方の体験談をご覧いただけばわかるように

債務整理の無料相談などを利用し、債務整理に取り掛かることで

債務整理をした全ての人が「債務整理をしてよかった」という体験談を投稿して下さっています。

悩んでいても何もはじまりません。

債務整理をすることで、毎日の悩みから解放され、新しい一歩を踏み出すことができます。

あなたの可能性を、「とりたてからどうやって逃げよう」などと、悩む時間に費やすのはもったいないです。


その4:債務整理の無料相談は3社以上利用しましょう。

リスクを軽減するために、債務整理の無料相談は3社以上の利用がおすすめ

債務整理の無料相談は、インターネットで検索するといろいろ見つけることができます。

実際に相談してみるとわかると思いますが、中には、儲け主義であなたの状況など考えないで、合理的にすすめようとするところもあります。

このようなところへ相談してしまうと悲惨です。

高額な弁護士報酬を支払った上に、根こそぎ財産を処分されてしまうかもしれません。

実際に、わたしもTVCMをバンバン打ってる、某大手の事務所へ相談した際に、そのような状況になりかけました。

まずは匿名で相談するのがおすすめ

弁護士の無料相談も様々です。

全て個人情報を伝えないと、無料相談の申し込みをできないところもありますし、匿名フリーアドレスで、申し込みをできるところもあります。

管理人がおすすめするのは、まずは匿名で無料相談をして債務整理がどのようなものか慣れたあと

本格的な無料相談を行うのが良いです。


管理人が安心しておすすめできる無料相談

匿名で債務整理の相談をして、債務整理の雰囲気を体験したのちは、別に二か所、合計3か所の相談を利用しましょう。そうすることで、

  • どの無料相談があなたにマッチしているか。
  • どの無料相談のアドバイスにあなたがもっとも納得できるか。
  • どの先生があなたの伝えたいことを、一番わかってくれるかなど

3か所以上相談すると大体見えてきます。

先にも紹介しましたように、管理人が相談した中には、「儲け主義でこちらのことを全く考えてくれない」事務所も、実際に管理人が経験したのです。


その5:管理人が特におすすめの無料相談厳選3社

イストワール法律事務所(旧ジャパンネット法務事務所)の体験談

ジャパンネット事務所

ジャパンネット法務事務所は全国からの依頼に対応してくれる、債務整理専門のした法務事務所です。

債務整理の専門ですので、債務後のローンやリスクを少なくする事故破産の方法など、他ではあまり教えてくれない裏情報を教えてくれました。

私はこのジャパンネット法務事務所のおかげで、リスクをほぼゼロで、債務整理することができました。

ジャパンネット法務事務所イストワール法律事務所へ名前が変わりました。

東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)の体験談

東京ロータス

東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)も、ジャパンネット法務事務所同様に全国からの依頼に対応してくれます。

岡田法律事務所については、商売にならないのが分かっていて、すごく親切にアドバイスを頂けて、当時借金に悩んでいた私は、すごく勇気づけられたのを、覚えています。

関連ページ