債務整理と任意整理の違いについて

最近、弁護士や司法書士事務所のCMなどで「債務整理」とか「任意整理」といった言葉を目にすることが多いです。世の中には、真っ当に生きていても諸般の事情によって大きな借金に苦しめられている人がたくさんあります。そういった人たちの救済策がいろいろあって、債務整理も任意整理も、その救済策に関わる言葉です。


では、いずれもよく聞く、債務整理と任意整理の違いをご存知でしょうか。ここでは、「債務整理と任意整理の違い」について簡単に説明いたします。

債務整理と任意整理の違いを正しく知るには、両者の言葉の意味をしっかり理解しておくことが必要です。

債務整理とは

まず「債務整理」とは、支払いに窮する債務を、何らかの方法で、支払える状態にすること全般を言います。具体的には、自己破産民事再生、特定調停といった手続きをまとめた言い方です。そしてこの中に、実は「任意整理」も含まれるのです。



任意整理とは

任意整理は、「法律に定められた手続きをとらない」という意味で「任意」という言葉が使われています。債務者と債権者が話し合って、計画的に返済できるための計画を決めることになります。


ですから、債務整理と任意整理の違いは何かというと、債務整理のほうが、任意整理よりも広範な意味を持つ、ということです。債務整理を行う手法の一つが「任意整理」という関係になります。ですが、この債務整理と任意整理の違いを知ってか知らずか、任意整理のことを指して「債務整理」と言われることはあります。


もう少し詳しく言いますと、債務整理は、「私的整理」と「法的整理」の二つに分けられます。そして「私的整理」の一つが任意整理です。一方「法的整理」は、破産や再生などがこれにあたります。


債務整理について、今は自分とは関係ない、と思われるかもしれませんが、ご自身だけでなく、もしかしたら身内や知人が、債務整理の問題に直面するかもしれません。その時のためにも、債務整理と任意整理の違いだけでなく、こういった金銭問題についての一般的な知識は、ある程度身につけておきたいものです。