債務整理のデメリット

債務整理のデメリットはどのようなものがあるでしょう?

借金などで金銭的に深刻な状態にある人が、最後にとる手段が「債務整理」です。法的に借金を清算するもので、自己破産民事再生、過払い請求などの方法があります。不法な手続きでなく借金をなくせるのであれば、こんな良いことはありません。ですが、借金を抱える人の多くが、債務整理のデメリットを気にして、なかなか踏み出せないでいるようです。
では、債務整理のデメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

ブラックリスト

債務整理のデメリットについては、いろいろな人がいろいろなことを言っており、中には、誤解を持っている人もあるようです。一般的に言われる債務整理のデメリットは、信用情報に傷かつく、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまうということです。


実際、債務整理後の約7年間は、その記録が残り、新しく借入をすることができないとされています。ですが、そもそも借金を清算して、すぐまた借り入れをしなければならないようではいけないわけで、債務整理後のことをしっかり計画した上でのことであれば、この借入の問題は、債務整理のデメリットとしてはあまり大きな問題でないと思います。

クレジットカードは一定期間作れない

また、これも債務整理のデメリットとしてよく言われるのが、クレジットカードを作れなくなる、というものです。こちらのほうが、日常生活に関係が深いぶん、債務整理のデメリットとしては大きいかもしれません。カード会社に、債務整理の情報がなくなるまでの期間は、やや不便な状態が続くと思います。

債務整理という負のイメージ

あとは、債務整理のデメリットと言えるか分かりませんが、債務整理をしたという事実に「人生が終わった」みたいな負のイメージを背負わされる、というのはあるかもしれません。


ですが、これは逆に、「人生をやり直せる素晴らしい機会」と、前向きに考えていけば良いのです。事実、債務整理のデメリットとメリットと、どちらが大きいかを冷静に考えれば、間違いなく後者のほうが大きいです。あまりデメリットばかりに目を向けるのでなく、債務整理は人生の一つの選択肢、くらいに考えてはいかがでしょうか。