債務整理で弁護士と司法書士はどう違う?

債務整理の相談をしようと思っていますが

ネットで債務整理の無料相談をしようと思っています。債務整理の無料相談のサイトを見ると、司法書士事務所と弁護士事務所とがありますが、どのように違うのでしょう?


債務整理弁護士と司法書士の違い

画像の説明

債務整理をする時に、弁護士は法律業務をすべて扱い、司法書士は法律で決められた特定分野・範囲のみ扱うことができます。司法書士は登記や供託を扱う資格で、弁護士業務を補完する意義があります。


また司法書士については、法務省で一定の研修や考査を受けると認定司法書士として、簡易訴訟代理など一定の範囲の紛争解決業務を行うことが認められているそうです。


本来、法律関係業務は登記業務も含め、弁護士が行うべきですが、弁護士の数の不足により、登記業務のみ行うとして司法書士の資格が認められました。


2003年に法改正され、一定の借金の整理手続きと140万円以下の民事訴訟の和解・交渉・訴訟代理権が、司法書士にも認められるようになりました。そこで借金問題の解決を考えている方は、弁護士と司法書士の違いについて理解しておく必要が生じるわけです。



司法書士が解決できる140万円とは?

140万円以下は債権者ごととするのか、借金の総額(総債権額)とするのかの判断が分かれていますが、140万円を超えれば司法書士の交渉・訴訟代理権はありません。


また、司法書士が訴訟代理権を認められているのは簡易裁判所のみで、地方裁判所など他の裁判所は弁護士のみにしか訴訟代理人は認められません。


借金が140万円以下で、過払い金の回収や任意整理を依頼する場合は、基本的に弁護士と司法書士の違いはありません。つまり私のような借金の額が大きかったり、会社の破産の場合は、司法書士では対応できないわけです。



多重債務の場合は注意が必要

注意が必要なのは多重債務といった、複数の借入がある方で、過払い金と借金の総額が140万円を超える場合です。


実際に過払い金が180万円発生していたのに、貸金業者に司法書士の交渉権の制限を主張され、140万円で和解させられた事例があるそうです。



私が相談した中でおすすめできる債務整理相談ランキング

自己破産や個人再生のような複雑な債務整理の場合は、司法書士では対応ができません。相談は司法書士でも応じてくれますが、実際の手続きになると弁護士事務所にお願いするのが合理的です。


私が自己破産するときに利用した無料相談の中で、安心して相談することができたところをランキングで紹介しておきます。↓↓↓

岡田法律事務所

自己破産や個人再生の申し立ては弁護士しか対応できません。落ち着いて相談にのってくれるので、安心して無料相談できた【岡田法律事務所】

ジャパンネット

相談しやすく、知識も豊富。任意整理や過払い金の相談をするのであれば【ジャパンネット法務事務所】ヤミ金への対策も引き受けてくれます。

紀尾井町
もう少し愛想よくしてくれればと思うのですが・・・。相談内容は間違いなし。【新紀尾井町法務事務所】

村岡総合
番温和な話口で相談しやすかったです。【村岡総合法務事務所】