債務整理後のローン

多重債務など、借金での苦しみは大変なものです。毎年多くの人が自ら命を絶っていますが、その原因の多くは生活苦、金銭的な苦しみを背負ってのものだといわれています。


そんな人にとって、いわば最後の手段と言えるのが、法律的に借金を整理する「債務整理」です。自己破産などの債務整理によって、最悪の結果だけは逃れ、そこから人生の再出発をする、という選択肢があるのです。


そんな債務整理ですが、実際に債務整理を考えている人たちにとって、大きな心配事は、債務整理後のローンが組めるのか、というものです。債務整理はあくまでも、今ある借金をなくするもの。つまりプラスマイナスゼロになったまでで、それ以上の収入があるわけではありません。


その後、一生懸命頑張っても、債務整理後のローンを組まざるをえない状況に立たされることだって考えられるのです。例えば、住宅を買ったり、子育てのためにまとまったお金が必要となるなど。債務整理後のローンは組むことができるのでしょうか。


ローンを取り扱う業者は、申し込みがあると、まず信用情報機関に照会をします。その人が、過去に借り入れや返済などがなかったか、その履歴を調べるのです。ここでもし、債務整理の記録が残っていれば、まずローンの審査は通りません。債務整理後のローンが難しいといわれるのは、この信用情報の記録が、ある期間、保持されているからです。


また、この債務整理の情報は、7~10年間は記録されているのが一般的だそうです。時々、この情報は「5年で消える」といわれ、そこから「債務整理後のローンは5年たつと組める」といわれることもありますが、実際はそうではないようです。


もっとも、この信用情報機関の情報は、あくまでローン審査の参考にされるもの。その人の収入状況や、ローンを取り扱う業者によっては、情報が残っていても、債務整理後のローンを組めるケースもあります。そういうことから、だいだい平均的には、債務整理後のローンは「5~7年後」に、組めることが多いといわれるのです。

なお、債務整理によって損害を被った業者においては、債務整理後のローンを組むのはまず無理です。これは常識的に考えてもそうでしょう。
いずれにしても、債務整理後のローンをお考えの方は、まず5年ほどは期間を置き、そこから色々なローン会社にあたってみるのが良いと思います。地道にあたっていけば、債務整理後のローンを組んでくれる業者が見つけられるでしょう。