弁護士費用は捻出しなければなりません。

弁護士費用について

弁護士への相談は無料ですが、実際に手続きを依頼すると費用が発生します。
整理の内容やどのように整理を行うかによって、費用の上下はありますが、概算で20万円から30万円は掛かるでしょう。

ただしこの金額は管財事件でない場合です。

管財事件の場合は、大体弁護士費用が50万円、裁判所への費用が50万円程度はかかります

過払い請求の場合は、少し事情が違うみたいですが、私は過払い請求はしていませんので、ここではなんともいえません。

自己破産以外の方法は、少し手間が掛かるので、30万円以上はかかるようです。

ある条件を満たせば、法律扶助という制度があります。

この法律扶助は、国民の権利の平等な実現をはかるために、法律の専門家(弁護士・司法書士)による援助や、裁判のための費用を援助する制度であり、当事者の間の経済力の差が権利の差にならないように、社会的公平を確保するのが法律扶助の目的です。

「弁護士を知らない」「裁判費用がない」などといった理由で弁護士の援助を受けられない方のために、裁判費用などを立て替え、弁護士を紹介する制度で、収入によってこの法律扶助という制度が利用できるかどうかが決まります。(詳しくは法律扶助で検索されると、たくさんのサイトがあります)

しかし、一般的なサラリーマンの人がこの制度を利用するのは難しいでしょう。とすれば、なんとか弁護士にかかる費用はつくらなければなりません。

ちなみに私の場合は会社の清算とあわせて、個人の清算もしなければならなかったので、100万円というお金を準備する必要がありました。

少しのお金でも稼ぐ努力をしました。

債務整理をしようというのですから、私もお金はありませんでした。

弁護士に相談すると、「当面今の状態で問題がないでしょうから、弁護士費用がたまったら申し立てをしましょう。」といわれました。「問題がない?」とはどういうことかと思われるかもしれませんが、そのときの様子は「申し立てまで2年掛けたわけ」で紹介します。

いずれにしても稼がなければなりませんでしたので、少しのお金でも稼ぐためにはなんでもやりました。

そのころには会社も休眠状態になっていましたので、わたしはある企業と業務委託契約を結び、日中はそちらの業務をこなしていました。しかしその業務の終了時間は不定期で、残業等もあったりなかったりという状況もあり、夜間の決まった時間にどこかにパートへ行くいうことはできませんでした。

そこで空いた時間でもできる仕事を片っ端から探しました。

今はインターネットで在宅でできる仕事が様々に募集されています。データ入力もあるし、ブログライターという仕事もあります。ポイントサイトというのでも、いくらかの収入にはなるようでした。また各所の募集サイトへ登録すると、あやしげな時給○○千円なんという情報も流れてくるようになりました。

ただこれらのサイトは、登録しておいても次から次と仕事があるわけではありませんでした。それでも、片っ端から登録をしておくことで、月に3万円から5万円くらいは収入を得ることができました。


空いた時間で収入を得やすかったサイト

私が体験した中で、収入を得やすかったサイトを紹介しておきます。細かな応募の仕方や登録の仕方については、各サイト内で紹介されていますので、そちらを参考にされるといいと思います。

在宅データ入力

老舗在宅業務ご案内ポータルサイトとのマッチングにより、良質で信頼性のある業務の依頼をしてくれます。

ワークコネクション

SOHOの専門求人情報を発信しています。もちろん資料請求は完全無料です。希望にマッチングした仕事情報を無料で入手できます。

ブログルポ

企業の新商品発売や、新サービス開始などのニュースリリースを、ブログで紹介するだけで、原稿料がもらえる「ブログライター」の仕事です。

画像の説明

この中でA8BUZZというブログライターの仕事があります。1記事200円が相場ですが慣れれば10分くらいでできます。

ジョブリンク

ジョブリンクへ新規登録すると、提携するたくさんの派遣会社の中から最大5社まで一括登録が可能です。

お気をつけください
メールで流れてくるシール張り内職とか時給○万円とか殆ど詐欺ですから。魅力的なコピーが書かれていますが、決してそんなことはありませんからね。
焦る気持ちはわかりますが、じっくり、落ち着いてがんばりましょう。

内部リンク

ジャパンネット法律事務所の評判はこちら⇒ジャパンネット法務事務所の評判
私の自己破産体験はこちら⇒自己破産 体験
債務整理弁護士のランキングはこちら⇒債務整理 弁護士 ランキング
債務整理弁護士の評判はこちら⇒債務整理 弁護士 評判