最近のヤミ金の手口

最近のヤミ金の手口が紹介されていました。

(ここから引用)
最近は携帯電話のショートメールで正規の貸金業者を装った勧誘が届き、連絡すると「うちは貸せないが他業者なら貸せる」とヤミ金業者を紹介されるケースが多い。「融資はできないが、時計を買えばキャッシュバックする」と持ちかけて無価値の時計と2万3000円分の商品券を送付し、「代金」と称して期限までに4万円の支払いを求める例もあった。
(引用ここまで)
引用もと:毎日新聞:

【目 次】

ヤミ金の最近の手口を調べてみました。

安い金利で「貸せます」と言っておいて、実は高い金利で返済させる。

ヤミ金といえば金利は法定金利を超えているのが普通ですが、「年利9.8%でいいです」と安い金利で勧誘して来て(ちなみ10万円~100万円の借入の現在の法定金利は18%)実は高い金利で返済させられるという手口があるようです。

例えば体験者のAさんの場合40万円の借り入れの申し込みをしたところ、「年利9.8%でいい融資できます。即日2万円振り込むので、1週間後に3万8千円返済して下さい。それを確認できたら、残金を振り込みます。」という勧誘があったそうです。

Aさんは大変お金に困っていて、「40万円の融資が受けられるならば」と、2万円の振り込みが有った後、友人から1万8千円を借金し、合わせて3万8千円を返済したところ、その後その業者と一切連絡がとれなくなり、1万8千円をだましとられたような形になったそうです。

年金を担保に融資を行う「年金担保金融」とは

これはサラ金の中でも悪質な詐欺金融です。お年寄りへ「年金を担保に融資を行います」とか「年金立て替え」などとスポーツ新聞などの広告で掲載されていることが多いようです。

基本的に年金を担保に融資を受けることは、法律で禁止されていますので、まずこのような広告を見た場合はアヤシイと思いましょう。

サラ金業者は、このような広告を見て連絡してきたお年寄りに対して、「年金通帳」「振り込み通帳」「印鑑」などと引き換えに融資を行うことになります。融資した金額が返済されるまで、年金が振り込まれた年金を、返済にあてるということです。

ところが、融資した金額が満額返済されたのちも、「年金証書」や「印鑑」「通帳」などが返済されずに、年金を奪い続けるということが多いようです。

立場の弱いお年寄りからなけなしの年金を搾取する、最も悪質は詐欺金融です。

無理やり融資をしてくる「押し貸し」とは

押し貸しとはヤミ金業者がいきなり口座へお金を振り込んできて、高利の返済を迫る手口です。ヤミ金はこの送りつけてきたお金に対して、高額の返済を要求してきます。

振り込みをされた人は、このヤミ金業者からの厳しい取り立てに屈してしまい、高い金利を支払うために、仕方なく他所からお金を借りるということになってしまいます。

このようなことを繰り返し、結局多重債務者となり、返済の見込みが立たず、自己破産などをしてしまう場合が多いようです。 

ヤミ金からの取り立ては自己破産をしても終わらない

ヤミ金の怖いところは、自己破産などの債務整理をして借金が帳消しになったとしても、ヤミ金業者には関係ないということです。

金融庁へ金融業の登録をうけて営業している銀行や消費者金融などの金融業であれば、貸金業法の範囲内で営業活動を行っているので、自己破産をしたものに対する請求は、自己破産をし免責が確定した段階で、請求を行う場合はありません。

しかしヤミ金の場合、このような法律の範囲外で活動しています。自己破産しようがどうしようが、その後の取り立ては平気でしてきます。その取り立ては当事者でない家族にまで、取り立てをしてくることがあるのです。

もしどうしても詐欺まがいのヤミ金に関わったり、ヤミ金から融資をうけたりして返済ができなくなって取り立てに悩むことになれば、ヤミ金対策に経験豊富な実績にある弁護士などに相談するのが、最も安心して解決できる手法です。

このページの関連・おすすめページ

ヤミ金弁護士おすすめランキング

ランキング

ヤミ金への対応には、実績と経験が必要です。一般的な債務整理の弁護士とは別のスキルが必要です。私はヤミ金からの融資は受けていませんでしたの、私の体験からお薦めできるランキングではありませんが、ネットでの人気度と体験者へのアンケート結果から、ヤミ金弁護士のランキングを紹介しています。

債務整理の時に唯一私が失敗したこと

債務整理相談

私は債務整理のときに、いろいろな債務整理の弁護士や司法書士の事務所へ相談しました。そのおかげで殆どのリスクは回避して自己破産できました。ですが、一点だけ見逃していたことがあり、この点だけが私がリスクを少なく自己破産した中で、唯一失敗したことです。多くの人が見逃すと思われるその失敗とは・・・

債務整理事務所の評判・口コミ

失敗

債務整理のリスクを少なくするためには、いくつかの無料相談を利用して、債務整理について弁護士や司法書士の先生へ、債務整理について教えてもらうことが大切です。私がリスクを少なく債務の整理ができたのは、そのようにして無料相談をいくつも利用したからです。私が利用した債務整理事務所の評判や体験、口コミを紹介します。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談