私が、自己破産のリスクをほぼゼロで、免責を獲得できた方法

私は債務整理をすることに決めてから、申し立てをするまでに二年を掛けました。

私は自己破産の申立てをするまでに、二年を掛けました。

その間、家内からは、「早く自己破産をして、やり直そうよ」と催促されていましたから,そのように時間を掛けている私の言い分を理解してもらえず、よく言い争いになり、離婚寸前にまでなっていました。

債務整理リスクを少なく_01
債務整理リスクを少なく_02
債務整理リスクを少なく_03
離婚寸前になっていました。

このページへいらっしゃった方の中には、「そんなに二年も待ってられないよ」と、いわれる方もいらっしゃるかもしれません。

「今だって、こんなに毎日毎日督促の電話が掛かってきて大変なんだから」

そのよういう方もいるでしょう。

「時間を掛けると、その間ずっと取り立ての電話で苦しいじゃないか!」

と言われるのが、普通の考え方です。

ですが、

2年掛けることで、いろいろな準備をすることができ、自己破産のリスクを、最小限に抑えることができたのです。


準備するためには、弁護士や司法書士の協力が不可欠

画像の説明

債務整理事務所は、優しいところばかりではない。

時間を掛けて、自己破産のリスクを少なく免責を獲得するためには、債務整理の 弁護士や、司法書士の協力が不可欠です。

自己破産の相談をしようかと思う方は、大抵の場合、債務整理の弁護士や司法書士へ依頼するために、必要なお金なんて持っていない方が殆どだと思います。だから債務整理事務所で

「とりあえず、受任通知だけ出して頂けませんか。裁判所へ申立てをするまでの間に、なんとか費用を積み立てますから」

などと相談しても、殆どの債務整理の事務所は、応じてくれません。

相談するこちらの思いとしては、

とりあえず、債務整理の先生に受任をしてもらって、受任通知だけでも出してもらい、苦しい督促から逃れたい

というわけなのですが、そのように相談をしても、

「そんな虫の良い話には応じられない」というのが、私が無料相談した中の、多くの債務整理事務所が、そのような対応だったのです。

拒否_01
拒否_02
拒否_03
少なからず拒否されました。

「まず、必要なお金を貯めてから相談に来てください」というわけです。

債務整理 弁護士や司法書士によっては、相談者の利益を確保することなど全く考えないで、合理的に杓子定規に、破産手続きを進めようとするところも、少なからずあったのです。

なぜなら、そのほうが手間が掛からないからで済み、客(相談者)の回転率が高く、儲かるからだと、あとで聞きました。

無料相談の中でも、親身に応対してくれるところもある。

私が相談した債務整理事務所の中には、上で紹介したような事務所があった一方で

このような無理な要求に応じてくれて、本当に相談者の利益を守るために、手間暇を掛けて、時間をじっくりかけて、破産のリスクを少しでも減らすように、破産手続を進めてくれようとする、債務整理の先生もいたのです。

債務整理リスク少なく2_01
債務整理リスク少なく2_02
債務整理リスク少なく2_03
お金が無くても親切に相談にのってくれる
ところもあったのです。

このような債務整理 弁護士や司法書士に出会うことができれば、自己破産のリスクをきわめて低く抑えることができ、

私のように、殆ど自己破産リスクをゼロで、自己破産の手続きを完了し、免責を獲得することができるのです。


複数の弁護士や司法書士へ相談することが、絶対に大切です。

はじめから電話で相談するのはやめましょう。

メール

必ず複数の債務整理 弁護士や司法書士へ無料相談のメールを送るようにしましょう。

最初から電話をすることはやめましょう。

債務整理に慣れていない状態で、いきなり電話相談をすると、相手のいうことを、鵜呑みにしてしまうからです。

無料相談をはじめて利用しようとする人は、1社に相談しただけで、そこに決めてしまおうとするかもしれません。

ですが、弁護士や司法書士によって言うことは全然違います。

弁護士や司法書士によっては「もうそれは自己破産するしかないですね。」と、杓子定規に合理的に処理を進めようとする債務整理の事務所もあるのです。

親身になって応対してくれる債務整理事務所に出会うまで無料相談を利用しましょう。

債務整理のリスクを少なくするためには、

本当に相談者の立場にたって、相談者の事情をきめ細やかにヒアリングをしながら、慎重に相談者の資産をできるだけ守ろうと、行動しようとする弁護士や司法書士の先生に出会うことが大切です。

信頼できる弁護士に出会うまで_01
信頼できる弁護士に出会うまで_02
信頼できる弁護士に出会うまで_03
信頼できる先生に出会うまで
無料相談を利用しましょう。

はじめて相談するあなたには、どの弁護士や司法書士が本当にあなたの為に活動をしてくれるかということは、なかなか判断できないものです。

それを判断するためには、最低3人以上の弁護士や司法書士の先生に、無料相談してみることをおすすめします。

私の場合は、相談して「この弁護士は金額ばかり高くて、信用ならない」と思って、一度で相談をやめてしまった事務所も含めると、10か所以上は無料相談を利用したと思います。

弁護士や司法書士の先生方にも、得意分野や経験の違いなど、いろいろな弁護士や司法書士がいます。

また人間同士ですから、どうしたって相性はあります。

弁護士や司法書士によっては、ほかの案件に頭がいっぱいで、あなたのことを真面目に聞いていない弁護士や司法書士もいるのです。

だから、せめて3人以上には相談してみて、その中で言っていることが良くわかり、何とかしてくれそうな安心感を与えてくれる弁護士や司法書士さんを選ぶべきです。

決して一事務所だけに相談して、すべてを信じて契約するようなことはやめましょう。


債務整理に悩んでいるあなたに管理人が伝えたいこと

管理人

会社経営に失敗し、
2500万円の借金を抱え、
家族に泣かれ、なじられ、子供たちには満足な学校へも進学させてやれず、

それでも自己破産して再起できた管理人が、債務整理に悩んでいるあなたへ、伝えたい5つのコト

その1:借金をしたあなただけが悪いのではない。

簡単にお金を借りることのできる、社会の責任も半分あると考えましょう。

借金をして多重債務に陥った、あなただけが悪いのではありません。

宮部みゆきのさんの「火車(かしゃ)」という小説は、多重債務を扱ったミステリーで、【現代ミステリーの金字塔TOP3】ともいわれますが



この火車の中で、多重債務被害者の弁護士は

「日本の制度が金融会社と結びついて、経済的弱者を食い物にしている、社会構造自体が問題」

だと述べています。私もこの考えに賛成です。

借金をして多重債務に陥いったのは、あなただけが悪いわけではありません。貸した相手だって悪いんです。

債務整理は多重債務に陥った被害者にとって、最後の救済手段です。

是非、あなたの多重債務の悩みが解決されて、新しい一歩が踏み出せることを祈っています。

その2:債務整理するときは、まずは匿名で相談しましょう。

管理人は、某大手の弁護士事務所に、電話1本で契約させられそうになりました。

はじめから債務整理の事務所へ電話で相談すると、債務整理事務所のオペレータにうまく誘導されて、その事務所と契約させられてしまうこともあります。

実際に管理人も、こちらの状況などまるで考えてくれない、TVCMなどバンバン打っている、儲け主義の債務整理事務所と、電話一本で契約させられそうになりました。

これを避けるためには、匿名で無料相談できるところがおすすめです。

任意整理するとどのくらい減額できるかわかるので、まずは利用してみるのをおすすめします。

【東京ミネルヴァ法律事務所】借金問題・過払い金返還請求


その3:債務整理にかかる費用は、後払いにもできることを知っておきましょう。

債務整理に掛かる費用は後払いでもできる

任意整理自己破産、過払い請求などの債務整理にかかる、弁護士や司法書士への費用は、後払いできます。


こちらのページで、無料で相談できて、債務整理にかかる費用は後払いができる債務整理事務所を紹介していますので、よろしければご覧ください。
債務整理にかかる費用を後払いできる債務整理事務所

債務整理に悩んだら、なるべく早く相談しましょう。

債務整理について悩んだら、なるべく早く相談するのがおすすめです。

債務整理を体験した方の体験談をご覧いただけばわかるように

債務整理の無料相談などを利用し、債務整理に取り掛かることで

債務整理をした全ての人が「債務整理をしてよかった」という体験談を投稿して下さっています。

悩んでいても何もはじまりません。

債務整理をすることで、毎日の悩みから解放され、新しい一歩を踏み出すことができます。

あなたの可能性を、「とりたてからどうやって逃げよう」などと、悩む時間に費やすのはもったいないです。


その4:債務整理の無料相談は3社以上利用しましょう。

リスクを軽減するために、債務整理の無料相談は3社以上の利用がおすすめ

債務整理の無料相談は、インターネットで検索するといろいろ見つけることができます。

実際に相談してみるとわかると思いますが、中には、儲け主義であなたの状況など考えないで、合理的にすすめようとするところもあります。

このようなところへ相談してしまうと悲惨です。

高額な弁護士報酬を支払った上に、根こそぎ財産を処分されてしまうかもしれません。

実際に、わたしもTVCMをバンバン打ってる、某大手の事務所へ相談した際に、そのような状況になりかけました。

まずは匿名で相談するのがおすすめ

弁護士の無料相談も様々です。

全て個人情報を伝えないと、無料相談の申し込みをできないところもありますし、匿名フリーアドレスで、申し込みをできるところもあります。

管理人がおすすめするのは、まずは匿名で無料相談をして債務整理がどのようなものか慣れたあと

本格的な無料相談を行うのが良いです。


管理人が安心しておすすめできる無料相談

匿名で債務整理の相談をして、債務整理の雰囲気を体験したのちは、別に二か所、合計3か所の相談を利用しましょう。そうすることで、

  • どの無料相談があなたにマッチしているか。
  • どの無料相談のアドバイスにあなたがもっとも納得できるか。
  • どの先生があなたの伝えたいことを、一番わかってくれるかなど

3か所以上相談すると大体見えてきます。

先にも紹介しましたように、管理人が相談した中には、「儲け主義でこちらのことを全く考えてくれない」事務所も、実際に管理人が経験したのです。


その5:管理人が特におすすめの無料相談厳選3社

イストワール法律事務所(旧ジャパンネット法務事務所)の体験談

ジャパンネット事務所

ジャパンネット法務事務所は全国からの依頼に対応してくれる、債務整理専門のした法務事務所です。

債務整理の専門ですので、債務後のローンやリスクを少なくする事故破産の方法など、他ではあまり教えてくれない裏情報を教えてくれました。

私はこのジャパンネット法務事務所のおかげで、リスクをほぼゼロで、債務整理することができました。

ジャパンネット法務事務所イストワール法律事務所へ名前が変わりました。

東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)の体験談

東京ロータス

東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)も、ジャパンネット法務事務所同様に全国からの依頼に対応してくれます。

岡田法律事務所については、商売にならないのが分かっていて、すごく親切にアドバイスを頂けて、当時借金に悩んでいた私は、すごく勇気づけられたのを、覚えています。

私がお薦めのメール相談できる債務整理 弁護士や司法書士



私が体験した中で、お薦めできる債務整理 弁護士や司法書士相談を紹介しておきます。こららに限らず、たくさんの無料相談がありますから、積極的に相談すべきだと思いますが、ここに紹介しているところは、間違いなく手間隙をかけてあなたの利益を守るような情報を教えてくれると思います。

このページを見たあなたへおすすめの記事

このページを見たあなたへおすすめの記事

自己破産をした私がキャッシングローンを組めた方法

自己破産ローン

自己破産をしたら7年間はローンが組めない?

そのようなことはありません。私はローンを組むことができました。

私がローンを組むことができた体験談を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をした私が車のローンを組むことができた方法

自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。

自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をしても携帯が持てた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産しても携帯は持つことができます。

しかも最近話題の「格安スマホ」です。 

もしあなたが自己破産任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができる可能性があります。

詳しくはこちら

自己破産後4年経過してクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。

私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。

アメックスとかJCBも申し込みはしてみましたが無理でした。

そんな私でもクレジットカードを持つことができました。そのクレジットカードとは・・・

詳しくはこちら

過払金が400万円戻って来た主婦の体験談

暗い女

過払金請求をして400万円以上戻って来た女性の体験者に、多重債務に陥った様子と過払金請求の体験をインタビューしましたので紹介します。

詳しくはこちら