自己破産の際の車はどうなるか

このページの目次:


自己破産の時、車も管財対象になります。

自己破産するときは車も高級な宝飾品やマイホームと同様に、管財案件の対象になります。

画像の説明

車の場合は、その車の査定価格が20万円以上になる場合は管財案件の対象となりますので、自己破産のリスクを軽減するためには、自分の車がどのくらいの価値があるのか知っておくことが必要です。


管財事件の場合と一般の自己破産案件の場合は、全く手続きが異なります。車の場合、車の査定価格が20万円以上になる場合、管財事件になります。

管財事件とは破産管財人という破産者の財産を正当に債権者へ分配するために、財産を管理する人です。
管財人と聞くと特別な人に聞こえるかもしれませんが、要は裁判所が選んだ裁判所側の弁護士です。マイホームがある場合も当然管財事件になります。

車の売り方は工夫のしどころ

管財事件になると、申立てをする側が提出した資料に基づいて、資産価値があるものは管財人に売却されてしまうのが原則ですが、それほど無慈悲に処分されるわけではなく、管財人と話し合い、正当な価格で配偶者や親戚や親などに正当な価格で買い取ってもらい、その売却金を管財人に上納するという方法も取ることができます。

知人や親族に売却した車は、その相手から借りて利用するという方法もとれるわけです。つまり車という物納をするのではなく、現金で債権者へ分配するという形になるわけです。この方法であれば財産の隠蔽にはならず、自己破産をしたとしても車を使い続けることはできることになります。



いずれにしても自己破産をする場合は車の販売価格は知っておいたほうが良いです。

必ず「車の販売価格の見積りを3社以上提出して下さい」といわれます。前もって準備をしておくことで、微妙なラインであれば買い取り会社と相談して、20万円を超えない範囲の見積りを提出してもらうといったことも可能になります。



自己破産の場合車の買い取り価格の見積りは3社以上必要

自己破産の場合、車の買取価格の見積りは3社以上必要です。3社以上見積りをとって、どの会社の見積りも20万円を超えていないのであれば、その車は財産とは見なされずに、自己破産をしたあともその車を持っておくことができます。


ということは、自己破産をしようとする場合は、あらかじめ3社以上の車の買取価格について見積りをとっておいて、その中かから20万円を超えない見積りを出してくれたところをピックアップすれば良いともいえます。


管財事件になると、管財人の費用も先に納めなければなりません。(予納金といいます)この予納金は、債務の規模によって大きく異なるようですが、詳細は弁護士や司法書士に聞かれるのが良いと思います。

ちなみに私の場合は債務が2500万円ほどあり、弁護士や司法書士への報酬が約50万円 裁判所への予納金が約50万円でした。

弁護士や司法書士費用の50万円は分割でも可能なところが多いですが、裁判所への予納金は一括の現金払いです。これから自己破産をしようと思っているのですから、なかなかこの予納金の50万円を支払うのも苦しい状況だと思いますが、財産があるのであれば、それを処分して、予納金にあてることもできます。

つまり車の買取査定をしてみて、20万円を超えるのであれば、結局はあとから管財人に上納しなければならないわけですから、先に現金に換えてしまって、予納金にあてても大丈夫です。

私の場合は、生命保険の積み立て分があったので、解約して予納金にあてました。

いずれにしても自己破産しなければならない状況にあり、車を持っている方は見積りをとり準備を進めたほうが良いと思います。車の買取の見積りは最低3社以上必要ですから、できるだけ多くのところに見積りを依頼して、その中から20万円を超えない見積りを出してくれる会社を選び、正式な見積書を提出してもらうのが良いと思います。


自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談