自己破産にかかる費用を教えて

自己破産にかかる費用を教えて下さい。

どうして2

自己破産をしようと思っていますが、いったい弁護士の報酬ってどのくらいが妥当なのかわかりません。


どうやら自己破産にもいろいろな種類があるようで・・・。


わかりやすく自己破産にかかる費用がどのくらいが妥当な相場なのか、教えて頂けませんでしょうか?


あまり高いようだと債務整理の方法を考え直さなければならないのですが・・・。


自己破産に掛かる費用の種類

自己破産には意外と費用がかかります。

「自己破産をしようと思っているのに、そんな費用あるわけないじゃないか!!」そんなふうに思う方が殆どだと思いますが、自己破産には費用が意外とかかるものです。


また自己破産の内容が同時廃止事案になるのか、管財事案になるのかによっても大きく変わってきます。

マイホーム

同時廃止とは、簡単に言えば破産申立人に明らかに財産が無い場合に、破産開始決定(弁護士が破産の申し立てをして、2か月後くらいに破産開始決定:これから破産の手続きを開始するよと裁判所が宣言する)と同時に破産手続きを終了してしまうことです。


このあと「免責許可決定」の手続きへ移ります。手続きや簡単なので、自己破産にかかる費用は当然安いです。


これに対して管財事件とは、家やマイカーなど財産がある場合に、裁判所が選んだ管財人をつけて、債権者へ対して公平に財産を分配するための方法です。


管財事件の場合、管財人の費用まで負担することになるので、自己破産にかかる費用は当然高くなります。


それではひとつづつ掛かる費用について説明していきたいと思います。



自己破産にかかる諸費用項目

収入印紙代


「破産申立て+免責申立て」=「1,500円」

予納郵券代(切手代)


「予納郵便代(切手代)」=「3,000~15,000円」

借入社数によって予納郵便代(切手代)は変わります。

予納金



予納金は破産申立ての際に裁判所に納めるお金です。予納金については同時廃止になるのか、管財事件になるのかによって、大きく異なります。

項  目予納金の額負債額備考
同時廃止事件として処理された場合の予納金10,290円-東京地方裁判所の場合
少額管財事件の場合の予納金(個人)20万円負債額に限らない
管財事件の場合の予納金(個人)50万円5千万円未満
管財事件の場合の予納金(個人)80万円5千万円以上
1億円未満
管財事件の場合の予納金(個人)150万円1億円以上
5億円未満
管財事件の場合の予納金(法人)70万円5千万円未満
管財事件の場合の予納金(法人)100万円5千万円以上
1億円未満
管財事件の場合の予納金(法人)200万円1億円以上
5億円未満

※少額とは債務額のことではなく、予納金が少なくて済むということです


予納金については分割払い可とする裁判所もあるようですが、基本的には破産申し立てのときに一括で納めることが必要になるお金です。私が無料相談でよく言われたのは、「弁護士費用は分割でも結構ですが、予納金については一括で納めることが必要です」ということです。


予納金については、貯金等があればそれを充てることが必要です。貯金をもっていても、結局は裁判所へ取られてしまいますからね。


あるいは生命保険の入っていませんか?生命保険ってしらない間に積み立てをしていることがありますよ。これも自己破産の時は裁判所へ差し出すことになりますので、それよりは予納金や弁護士費用へ充てたほうが、取り上げられるよりはいいでしょう。

自己破産にかかる弁護士費用や司法書士費用

弁護士や司法書士にかかる費用は、弁護士事務所に応じて様々なパターンがあるようです。

債権者数に応じて弁護士費用が変わる場合の例


債権者数同時廃止費用管財事件
負債者数が1~5社の場合の弁護士費用175,000円(消費税込み)225,000円(消費税込み)
負債者数が6~10社の場合の弁護士費用200,000円(消費税込み)250,000円(消費税込み)
負債者数が11~15社の場合の弁護士費用(消費税込み)225,000円275,000円(消費税込み)
負債者数が16~20社の場合の弁護士費用250,000円(消費税込み)300,000円(消費税込み)


弁護士費用・司法書士の分割に応じてくれる債務整理事務所

弁護士の費用や司法書士の費用は様々です。詳しくは各事務所へ聞いてみるしかありませんが、私が聞いた中で安心して相談できて、弁護士費用も分割で良いと回答を頂いたところについて紹介しておきます。。

岡田法律事務所

自己破産の申し立てができるのは、弁護士事務所だけです。司法書士は書類の作成と助言しかできないのです。【岡田法律事務所】は、優しく丁寧に相談にのってくれたので、安心して無料相談できました。!おどろいたことに、事務所の売り上げにならないのを判っていて親切にアドバイスをくれたのです。

ジャパンネット

相談しやすく、知識も豊富。任意整理や過払い金の相談をするのであれば【ジャパンネット法務事務所】ヤミ金への対策も引き受けてくれます。

紀尾井町
もう少し愛想よくしてくれればと思うのですが・・・。相談内容は間違いなし。【新紀尾井町法務事務所】

村岡総合
温和な話口で相談しやすかったです。【村岡総合法務事務所】