自己破産の時効

自己破産は、債務整理の方法のひとつで、自分の財産を失うことと引き換えに、抱えているすべての負債から免責されるための手続きです。多額の借金に苦しむ人にとっては、いわば最後の手段でしょう。自己破産した人は、財産を失うだけでなく、信用情報機関に、自己破産したことが記録されるというペナルティがあります。いわゆる「ブラックリスト」です。


しかし、意を決して自己破産し、人生のリスタートを目指そうとする人に、いつまでも社会的信用のないままでは、自業自得とはいえ、なかなかに厳しいものがあります。では、この信用情報は、将来、消滅することがあるのでしょうか。言い換えれば「自己破産の時効」と呼べるものはあるのでしょうか。

自己破産の時効は存在する

結論から申しますと、自己破産の時効は存在します。信用情報機関は、一定の期間を経た後、その記録を抹消することが法律で定められています。その期間は、信用情報機関によって異なりますが、およそ5~7年とされます。これがつまり、自己破産の時効といえます。


この「自己破産の時効」を迎えるまでは、銀行や消費者金融から融資を受けたり、住宅ローンを組んだり、クレジットカードを作ることは非常に困難になります。貸した金を返してくれないかもしれない人物、と見られるのですから、まず難しいといって良いでしょう。


逆に言えば、この自己破産の時効を迎える前に、ローンOKという金融機関は、悪徳業者、いわゆる高利貸しの可能性が高いので、手を出さないことです。また、いちど自己破産を免責許可が確定すると、その後7年間は、原則として免責許可の決定受けられません。


このように、自己破産の時効を迎えるまでは、さまざまな困難があるわけですから、少なくとも7年間は、生活管理をしっかりし、再び借金苦に陥らないよう十分注意すべきです。

このページを見たあなたへおすすめの記事

自己破産をした私がキャッシングローンを組めた方法

自己破産ローン

自己破産をしたら7年間はローンが組めない?

そのようなことはありません。私はローンを組むことができました。

私がローンを組むことができた体験談を紹介しています。

詳しくはこちら

自己破産をしても携帯が持てた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産しても携帯は持つことができます。

しかも最近話題の「格安スマホ」です。 

もしあなたが自己破産任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができる可能性があります。

詳しくはこちら

自己破産後4年経過してクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。

私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。

アメックスとかJCBも申し込みはしてみましたが無理でした。

そんな私でもクレジットカードを持つことができました。そのクレジットカードとは・・・

詳しくはこちら

過払金が400万円戻って来た主婦の体験談

暗い女

過払金請求をして400万円以上戻って来た女性の体験者に、多重債務に陥った様子と過払金請求の体験をインタビューしましたので紹介します。

詳しくはこちら