自己破産 体験のリスクとは

自己破産 体験をすることで、今までの借金がゼロ、あるいは大きく減免していただくことができます。

しかし自己破産 体験には大きなリスクがあることを、あらかじめ理解しておいて、避けられるリスクがあるのであれば、できるだけの対応をして、更正の機会をうかがうべきです。

自己破産 体験は、あなたに与えられた最後の更正の機会だととらえましょう。

そして来るべき再生の機会を得て、迷惑をかけた人にできるだけ謝罪の意味を含めて、社会へ貢献できるようにがんばるべきだと思います。

そのためには、自己破産 体験リスクを認識して、出来る限りのリスクを軽減する方策を講じるべきだと思います。

このページの目次:


自己破産 リスクにはどのようなものがあるか

①財産や貯金、自分名義の不動産等、マイカー等の資産を失う

トータルで99万円以下の財産については処分の対象外になりましたので、財産の総額が99万円以下であれば処分の対象にはならなくなりましたが、それを超える資産については没収の対象になります。

・・・詳しくはこちら⇒没収の対象となる資産

②免責が確定したら7年間は自己破産 体験できない

過去に免責を受けたことがある人は、その後7年間は自己破産 体験できません。

③官報に掲載される

官報の号外の公告欄に破産した人の名前、住所が掲載されます。これは一般の人の目に入ることはありません。ただし官報はヤミ金の愛読書でDMを送りつけてくるので注意してください。

④住所移転は裁判所の許可が必要

住所の移転や長期の旅行は裁判所の許可が必要になります。

⑤本籍地の市町村の破産者名簿へ記載

公的な身分証明を発行するための資料なので一般の人は見ることができません

⑥5~7年は自分名義の借金やローンができない

ブラックリストとして民間の信用情報機関に登録されますので、5~7年間は借入やクレジットカードの作成はできません。

自己破産 体験した場合の最大のリスクは

自己破産 体験のリスクには、主として上記のようなことがあげられますが、これらの中で最もリスクとなるのはどれでしょう。

私はこれらの自己破産 体験した場合のリスクの中で、もっとも負担となるのは、①の資産や財産、不動産などが没収されてしまうという事項だと思います。

そのほかの事項は確かに困りますが、正直申し上げて、切羽詰った自己破産 体験 リスクではないともいえます。

実際に私も資産の見落としがあり、もう少しで100万円という大金を没収されるところでした。

意外に自分の資産については把握できていないことがあり、知っていればスムーズに処理できたり、守れたりした資産が、ややこしい処理になってしまったり、没収されてしまったりということがあるものです。

そこで、こちらのサイトでは主に①の自己破産リスクを回避する方法を紹介していきたいと思います。

詳しくはこちら⇒リスク回避の7っつのポイント


自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談