自己破産後の借り入れについて

自己破産後の借り入れはできるの?

自己破産すると借り入れはできないというのは、都市伝説

自己破産については多くの人が関心を持っているようで、インターネットの掲示板や質問箱、弁護士事務所のホームページなどには、自己破産に関する話題や質問が非常に多くみられます。

カード9)#show(auto-xPVEQD.jpg,aroundl,ジャパンネット法律事務所

その中でも、特に目立つのが、自己破産後の借り入れはできるのか?というものです。やはり自己破産をして返済の苦労はひとまず解決できても、その後の生活にはお金が必要なわけで、状況によっては、自己破産後の借り入れをしなければ立ち行かない、というケースも考えられます。

このページの目次:


自己破産後の借り入れはできるのか?

この自己破産後の借り入れですが、一般的には借入を申請する先や時期にもよりますが、基本的には難しい、といわれています。


その理由は、自己破産をした人は、個人信用情報機関に、自己破産したことが記録されます。いわゆる「ブラックリスト」です。この信用情報の記録は、その機関に加盟している金融機関に公開されるため、記録が残っている間は、自己破産後の借り入れは難しいというのが理由です。


また、信用情報の記録が残る期間は、個人信用情報機関によって決まっていますが、銀行などが加盟している「全国銀行個人信用情報センター」では、自己破産の情報登録期間を10年といわれています。


つまり、銀行のローンについては、自己破産後の借り入れは最低10年を待たねば難しいということになります。また、信用情報機関はほかにもありますが、いずれも最低5年は信用情報を記録しているようです。自己破産後の借り入れは、最低でも5~7年は待たねばならないというのが通説です。


また、信用情報機関の記録とは別に、実際に債務を免責してもらった金融機関では、社内情報として、自己破産になった債務者の情報を残しています。これはどのように扱われるかは会社次第だと思いますが、そういった会社から自己破産後の借り入れを受けることは、7年後だろうが10年後だろうが、まず無理でしょう。




実は自己破産後も借り入れをしている人は沢山いる。

上に書いたとおり、自己破産をした後に借り入れをするのは、一般的には難しいと考えられます。ですが、実はそうでもないのです。

自己破産後数年して借り入れをしている事例は多くあるのです。



そもそも一度自己破産した後、7年間を自己破産することはできません。これは、自己破産に関する法律で決まっていることです。免責許可決定の確定の日から7年以内の免責申立ては,免責不許可事由に該当します。したがって,原則として免責は認められません。


ですがここで考えてみて下さい。

7年以降には自己破産できるということは、
一度自己破産した後も、再度借り入れをできていて、
返せなくなっているから7年後に自己破産する

という状況があるのです。



借り入れができるかどうかは、その時の経済状況

実は債務整理後に借り入れができるかどうかは、その際の経済状況によるそうです。この情報は、債務整理の無料相談をしたときに、私が相談したジャパンネット法務事務所の評判の弁護士の先生が教えてくれた内容です。

私の相談する様子はこちら⇒クリック

ジャパンネット法務事務所の弁では、確かに借り入れをする際に債務整理や自己破産をしているということはマイナス評価の一つにはなるかもしれませんが、決定要因ではないそうです。

よくある質問に「自己破産後クレジットカードを申請したが拒否された」というのがありますが、実はクレジットカードを拒否されたのは、債務整理をしたことが原因ではなく、単に申し込みの用件に合致していなかったことが考えられます。



私は10人あまりの 債務整理 弁護士や司法書士 評判 の高いところへ相談しました。それらの中で、信頼できると思った債務整理 弁護士や司法書士 評判 を一覧表にしています。


どちらの弁護士や司法書士も無料で相談にのってくれますし、全国対応です。できるだけ早く無料相談をされて、進むべき方向を決めることが、リスクを回避する最善の方策だと思います。

自己破産体験者Tは、ダラダラと悩んでいました。

管理人K008

自己破産体験者Tは多重債務に陥って、借金の返済がどうしようもなくなり、毎月督促に怯えながらダラダラと「どうしようか」と悩んでいました。

ネットで探すと、色々な弁護士の無料相談の情報などが流れていますが、

「本当に無料なんだろうか」と心配で、申し込みもできなかったからです。

そんなとき「借金の減額シミュレーション」というものを見つけました。

この減額のシミュレーションだと、簡単な項目を入力するだけで

どのくらい借金が減額されるか、

どのような債務整理の方法が自分に適しているか、

数時間後には、無料でメールで回答を送ってくれるのです。

この借金の減額のシミュレーションを利用することで、どのような債務整理をすることが適当なのか知ることができ、

次の一歩へ進むことができたのです。

まだ、これから債務整理をしようと思う方は、本格的に弁護士へ相談を始めるまえに、まずは無料で使える、「借金減額のシミュレーション」というサービスを、使ってみるといいと思います。

「どのくらい借金が減額になるか」、「そのためにはどのような方法をとればいいのか」、

具体的にアドバイスを、無料で教えて頂けるので、最初の一歩を踏み出しやすくなると思います。

借金相談カフェ【全承認(AT独占条件)】


このページを見たあなたへのおすすめ記事


自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談