過払い請求のリスク(悪徳弁護士)

【過払い請求のリスク】
画像の説明 画像の説明 画像の説明

このページの目次:


過払い請求や債務整理をして仕事や就職でリスクにならないか?

過払い請求や債務整理することは、仕事や就職、あるいは日頃の生活をする上で、リスクにならないのか?

そのような過払い請求のリスクを心配をしているかたは
たくさんいらっしゃると思います。

私の場合、会社の清算と
同時に私個人の自己破産をしたので
官報に記載されました。

過払い請求リスク1

個人再生か自己破産をすれば
官報に掲載され

また、自己破産をして
免責を認められたら
免責を受けたことが再び
官報に掲載されます。

このことは債務整理をするうえで
リスクと言えるかもしれません。

ですが、官報に乗るというのは
あくまで個人再生や自己破産といった
債務整理の中でも、最終的な手段といってもいい
債務整理方法を選択をしなければならなかった場合です。

過払い請求の場合は、官報にのることはなく、
このことがリスクになるわけではありません。

それでは過払い請求のリスクとは
どのようなことがあるのでしょう?


過払い請求のリスク5選

過払い請求のリスクは大きく5つあると思います。

過払い請求リスク1:過払い請求をしていることが周りにばれる

過払い請求や債務整理をした際に、
家族や会社の同僚にばれることは
過払い請求のリスクといえるでしょう。

過払い請求リスク2

それでは過払い請求をしてどのような場合に
家族や会社にばれるかということですが

私が自己破産をした際には
書類のやりとりは、基本的に弁護士の事務所へ出向いて行っていたので

自ら妻へ伝えなけれは、ばれることはなかったと思います。

実際に過払い請求を体験した40歳の女性の場合も

「過払い請求したことは隠すことはできたけど、金額が大きかったので、自ら旦那へは相談した。」

とのことでしたので

自ら相談しなければ
過払い請求の場合はばれることはないようです。

【関連記事】過払い請求で400万円戻った体験談

過払い請求400万円女性

過払い金の請求をして400万円以上戻って来たMKさん(女性 36歳)に、債務整理の体験談や、債務整理事務所の選び方について、インタビューしましたの紹介します。


「過払い請求をどうしたらいいだろう」と思っている方の、少しでもお役に立つことを祈っています。

ただし弁護士や司法書士が未熟であったり
悪徳といわれる事務所へ過払い請求を依頼した場合は

ひょっとすると、依頼者の「まわりにばれたくない」
ということに配慮せず

借金をしていたことがまわりにバレてしまう
過払い請求のリスクがある場合もあるかもしれません。

過払い請求リスク3

私は自己破産の中で過払い請求もしましたが
借金を返済していた時期が短く
過払い請求をしても戻ってくるお金はありませんでした。

私はリスクを少なく自己破産して
債務の整理をできたわけですが

これは、いくつも債務整理の自己破産をして
いろいろな弁護士や司法書士から
債務整理について勉強することができたからだと思っています。

私が相談したなかで、おすすめできる弁護士や
司法書士についてランキングで紹介していますので
参考にして頂けますと幸いです。

私が体験した債務整理相談ランキング

ランキング

債務整理を失敗しないためには、債務整理の無料相談を行っているところへ、いろいろと相談するのが、リスクを抑えて債務整理をするコツです。


私が利用した債務整理相談事務所で、私のためを思ってアドバイスをくれた無料相談をランキングで紹介しています。

【過払い請求のリスク】
画像の説明 画像の説明 画像の説明

おすすめ記事


自己破産をした私が車のローンを組むことができた方法

自己破産自動車ローン

自己破産した私でも車のローンを組むことができました。自己破産した私でも、車のローンを組むことができるところを探した方法を紹介しています。


自己破産後4年後でクレジットカードが持てました。

カード

自己破産した私が、自己破産して4年後にクレジットカードを持つことができました。私が持つことができたクレジットカードの情報はこちら。


自己破産をしても携帯が持てた裏ワザ的なまっとうな方法

自己破産携帯

自己破産や任意整理をしていても、この方法であれば、格安スマホを使うことができます。自己破産した私がスマホを使えている方法とは。


過払金が400万円戻って来た主婦の債務整理相談の方法

暗い女

多重債務に陥った主婦に当時の様子と過払金400万円を取り戻した請求の方法についてインタビューしましたので紹介します。


いきなり本名での相談は怖いと感じた体験談

騙されそうになった

管理人が電話一本の相談で、契約しそうになった、「いきなり本名での相談は怖い」と実感した体験談